まだ間に合う!梅の写真を上手に撮るための5つの傾向と対策。

カテゴリー:写真
3月に入り、各地で梅の便りをたくさん耳にするようになりました。そこで今回は、梅の写真を撮影する際に気をつけたいポイントをいくつかご紹介していきます。桜と違って梅はなかなか撮るのが難しい被写体ですが、ポイントを抑えればちゃんと撮れるようになるはずです^^

梅の撮り方 背景

梅を撮るのが難しい2つの理由

上手に撮りたいということは、現在は上手に撮れていない現状があるわけで、まずは梅の花を撮るのが難しい理由を考えてみましょう。

理由1:枝が多く、花の密度が低い

最も難しい理由はたぶんこれで、梅の花は葉っぱが出ていない時期に、枝に近いところから咲きます。しかも、密度が低い。。だから、普通に撮ると枝ばっかりの木に何かポツポツと白や赤い点が付いてるなみたいな残念な結果になります。

このシンプルで控えめな咲き方が梅のいいところでもあるのですが、写真を撮るときはここを攻略するようにしましょう。

理由2:時期的に周りの景色が味気ない、寂しい

梅の花が咲く時期というのは、たいてい他の木にはまだ花どころか葉っぱすら無い時期です。周囲の芝生だって枯れ草色だし、とにかく周りがさびしいわけです。だから、なんとなく引きで撮ったりすると、すごく地味な写真になりがちです

背景にも気を使ってあげる必要がありそうですね!

ということで、今回はこの点に着目しながら、去年よりもちょっといい写真を撮るためのヒントをご紹介していきます。

超有名ポイントのように梅が群生している場所で、満開時期に運よく当たればあまり難しく考えなくてもいい写真になります。今回のエントリーはもっと身近な場所で上手に梅を撮るためのエッセンスを集めてみました。

本日のコンテンツ

  • とりあえずアップで撮ってみる
  • 背景の色に着目
  • WB補正でお花の色を鮮やかに強調する
  • 枝を上手に処理する
  • 背景に+αして印象的に
スポンサーリンク

対策1:とりあえずアップで撮ってみる

一番簡単なのはこの方法。望遠レンズやマクロレンズを使ってとにかくお花に着目して撮ってあげましょう。密度が低く、地味なお花もアップで撮ればそれなりにボリュームが出て華やかになります。

また、望遠やマクロで撮るということはボケを作りやすい環境ですので、邪魔な枝はボケて目立たなくなったり、背景の写る範囲も狭まるので、寂しげな背景が入ることを防ぐこともできますね!

望遠で背景をごまかしちゃう

F値を小さく設定しつつ、背景をボケボケにしてしまいましょう。

梅の撮り方

背景にうっすら枝がたくさん見えますが、このくらいボカしてあげれば目障りな枝も目立たなくなります。ボケた赤いお花が所々に入っているので華やかさもアップします。

(参考)- すぐにボケた写真を取れるようになれる4つの方法。

やっぱりお花撮影はマクロ

マクロを使って一気に寄ってあげればさらにゴージャズに!お花撮る人はぜひマクロレンズを手に入れることをおススメします。どんなに条件が悪くてもマクロならなんとかなるといえるくらい頼りがいのあるレンズ。

梅の撮り方

梅の撮り方

(参考)- 一味違った写真を撮りたいならマクロを始めよう。


望遠で枝の先っぽを切り取ってあげても枝が見えなくなりますね。背景処理がしやすい望遠レンズはお花撮影の見方です。

梅の撮り方



対策2:背景に着目する

慣れないうちは、お花ばかりに目が行ってなかなか背景まで気が回らないかとおもいますが、これも大事なポイント。背景が茶色の地面なのか、青空なのか、どんより曇り空なのか。。同じ被写体でも背景の色によっても見え方がずいぶんと変わります。

緑で爽やかにするのか、茶色にしちゃうのか

例えば上の写真、背景に常緑樹を入れてみました。時期的にややくすんだ緑ではありますが、ちょっとさわやかか感じになりましたよね。これがもし茶色の地面や、枯れ草色の芝生だったりしたらお花の印象はまったく違ったものになったはず。

運よく晴れていれば思い切って青空バックにするのも良いです。

梅の撮り方 背景

あいにくの曇り空のときは、背景が白いので普通に撮るとかなり地味で暗い写真になってしまいます。空は完全に白とびしちゃうくらい、大幅にプラス補正してあげると透明感のある感じになります。

梅の撮り方 背景

(参考)- 実は、カメラは「”白”を白くしない」のワケ。

背景に脇役をプラスする

また、寂しげな背景でも脇役を入れるとことでバランスが取れることもあります。

たとえばこの写真。

梅の撮り方 背景

梅の背景にいい感じの池があったので 撮ってみましたが、どうもイマイチ。やっぱり背景が寂しい。。

そこから一歩右にずれて撮ってみるとどうでしょう。

梅の撮り方 背景

梅の木に隠れていた石灯篭が出てきました!これだけで、寂しかった背景にアクセントが出ましたよね^^

ただの青空に、スカイツリーを足せば撮影時の状況もわかるようになります。

梅の撮り方 背景

梅の撮り方対策よいうよりは、写真撮影全般に必要な考え方ですね^^;

スポンサーリンク

対策3:WB補正でお花の色を鮮やかに

紅梅はもちろんのこと、白梅だって蕾やがくの部分は赤かったりするので、ホワイトバランス補正でマゼンタ(ピンクっぽい色)を足した設定にしてあげると、お花の色がほんのり色づき、鮮やかな感じになります。

マゼンタをプラス

このページの作例も大半はマゼンタをプラスしています。ただし、場面によっては全体的にピンクっぽく不自然になってしまうこともあるので、少しずつ足して様子をみてみると良いと思います。

(参考)- 自分だけの色を作る、見つけるためのホワイトバランス設定法![WB補正]

桜(ソメイヨシノ)の撮影にも有効なテクニック

また、カメラの仕上がり設定(ピクチャースタイル、ピクチャーコントロール、カスタムイメージなど)は風景やビビッドなど鮮やか系の設定のほうが良い結果が得られると思います。

(参考)- ピクチャースタイルで自分好みの写真を作る方法![入門編]

対策4: 枝を上手に処理する

せっかくの梅の木、アップばかりで撮るわけにも行かないので、もう少し引きで撮りたいということもあると思いますが、そんなときはどうしても枝が目障りになってしまいます。。

梅の枝はワリと一方向にキレイに伸びているものが多いので、空に向かってスイッと伸びているような感じで構図を作ってあげるとしっくり来ることが多いです。

その際、空と枝は斜めに分割してあげると写真に動きが出ます!

梅の撮り方 枝の処理

スラっと伸びた枝が空に向かって伸びてる感じです。広角で撮るのもポイント。空(明るい背景)に向かって撮るのでプラス補正して撮りましょう。

同じ被写体でも空を水平に分けちゃうとあまり伸びてる感が出ません。

梅の撮り方 枝の処理

なんなら、逆光+シルエットで撮って枝そのものを主役にしてしまうというのもアリですね^^

梅の撮り方 枝の処理

対策5:思い切って脇役にする

「梅がある景色を撮る」と考えてあげればなにも梅を主役にする必要はありません。思い切って前ボケなんかにしてあげて、主題を引き立てる脇役として使うことだって大事です。

さっきの石灯篭にピントを合わせて、手前をボカしてもいいでしょうし、こんな感じで人物を入れるのもいいですね。

梅の撮り方 主役を引き立てる

背景が寂しくても、暖かな気持ちになりますね^^ 紅白の梅を重ねるというのも梅撮影では鉄板テクニックです。

梅の撮り方 主役を引き立てる

ということで、梅撮影の傾向と対策を5つにまとめてご紹介してみました!

今週末あたりが見ごろとなる場所が多いでしょうからぜひチャレンジしてみてください^^

週末は京都で梅をテーマにしたワークショップも行う予定です♪

studio9の写真ワークショップ
スポンサーリンク
© 2016 studio9. All rights reserved. [more info.]
この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / studio9管理人
studio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。中の人です。 「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー