【保存版】星空を綺麗に撮る方法、撮影完全マニュアル!初級編

デジタルカメラの性能が年々進化してほとんどの被写体はオートでシャッターを切るだけでなんとなく撮れてしまうようになりましたが、それでも撮るのが難しいのは星空です。でも、星空の撮影も少しのコツを掴めばすぐに撮れるようになるくらい簡単なんです。今回は星空を美しく撮るための設定やコツをわかりやすく説明します!

少しのポイントを押さえれば実は簡単な星空撮影!

写真を始めた人の憧れる写真の一つが美しい星空の写真でしょうか。満天の星空は撮らずとも見るだけで息をのむほど美しいものです。でも、予備知識が無いまま撮ろうと思ってもほとんどの場合失敗してしまいます。

最近はほとんどの被写体がオートでもなんとなく撮れてしまいますが、星空の写真はまだオートで撮ることが難しい被写体の一つです。

でも大丈夫!

空の明るさの違いを除けば、基本的に星の見え方は世界共通。よって星空の撮り方もある程度パターンを押さえればどこでも撮れるようになります

そこで今回は初心者でも美しい星空を撮れるようになるポイントをはじめらか丁寧に、一つずつ説明していきます!

後半に流れ星(流星群)の撮り方についても簡単に触れていますよ☆

*本エントリーは2012年に投稿し、以来非常に多くの方に読んで頂いた記事「実はそんなに難しくない、美しい星空を簡単に撮る方法![撮影編]」を1から見直して再作成した記事です。

本日のコンテンツ

*今回の記事、めちゃ長いです。。知ってるところは適宜読み飛ばして下さい。

スポンサーリンク

初心者でもここまでキレイに撮れるはず!

まずは上級者でなくとも星は撮れますよ!ということをご紹介してみます。

星景撮影は目の前に星がたくさん見えてさえいれば、入門用の一眼レフやキットレンズだけで撮ることが出来ます(後述)。

保証することは出来ませんが、難しい技術を取得せずとも少しの練習だけでここに挙げるような写真を撮れる可能性が十分あります(お天気と場所に恵まれる事が必要。後述)

入門一眼レフ+キットレンズでも

星空の撮り方

結構前に撮りましたが、私が始めて撮った星空の写真。ここで使っているカメラは今の入門用一眼レフよりも高感度性能がしょぼいカメラです^^; レンズもキットレンズ。

若干ピントを外している気がしますが、それでもこんなにキレイに写るんです!

駐車場からでも

良い場所を見つければクルマから降りてスグの場所で撮れたりもします。この写真は高原の駐車場で撮っています。

星空の撮り方

天の川だって撮れます

条件が良ければ天の川だってこの通り。天の川の撮り方は基本的に星の撮り方と変わりません。ただし、星を撮るより良い条件が必要です。。

星空の撮り方 天の川

カメラを買った次の日に撮れるとまではいいませんが、星景写真は上級者しか撮れないということは決してありません。

[目次に戻る▲]

星景撮影に必要な機材

まずは必要な機材から。プロ向けのものは必要ありませんがある程度高性能なカメラを選ぶ必要はあります。すでに該当する機材を持っているならここは読み飛ばして構いません。

○星がキレイに撮れるカメラ

満天の星空を撮るために必要な機材は高感度性能に優れたデジタル一眼レフカメラです。ミラーレスカメラや最近の高級コンデジの一部でも十分可能性はあります。

一方、iPhoneなどスマートフォンや一般のコンデジ、かなり昔のカメラは撮ることが難しいので諦めた方が良さそうです。。

カメラの高感度性能は一般的にイメージセンサーのサイズが大きいほど有利ですが、最近のカメラの性能の進歩はめざましいため、各メーカーの新型なら入門用クラスのものでも不足はありません。

イメージセンサーサイズの違い

目安としてはISO3200~6400程度でヒドいノイズが出ないカメラなら大丈夫。2010年以前に発売のちょい古めのカメラは多少厳しめのノイズが出るかもしれません。。

◆APS-Cサイズのセンサーなら十分

たとえば、キヤノンのEOS Kiss X8i やニコン D3300、ソニーのミラーレスα5100など各社の入門機と言われるカメラのセンサーサイズは比較的大きなAPS-Cサイズなので星を撮るのに十分な性能です。

APS-Cサイズのセンサーのものなら最新型でなくともここ3~4年の間に発売されたものでもそこそこキレイに撮れるはず。

◆マイクロフォーサーズなら出来るだけ新しいものを

オリンパス、パナソニックのカメラはマイクロフォーサーズ規格という、やや小さなイメージセンサーを搭載しています。そのため高感度性能的に星を撮るのにはやや不利です。

とはいえ、最近発売されたような機種なら入門機でもそれほど荒れた画質にはならないはず。

◆フルサイズなら完璧!

ちょっと前まではプロやハイアマチュア向けだったフルサイズフォーマットのカメラも今では一般の人でも手の届く「フルサイズ入門クラス」にあたる機種が発売されています。

高感度性能だけでなく、総合的な画質を考えてもフルサイズを買える余裕があるならこっちの方が良いです。天の川だって鮮明に写せる性能を持っています。

キヤノンだとEOS 6D、ニコンだとD610、ソニーならミラーレスのα7あたりが「フルサイズ入門クラス」ですね。

ただし、レンズを含めたシステム全体の重量もアップするのでそのへんもよく考えましょう。

◆1インチセンサーでもなんとか。。

Nikon1シリーズ(レンズ交換式)やソニーRX100M3など最近の高級コンデジで多い1インチセンサーを搭載したカメラはフォーサーズよりもセンサーサイズが小さいためさらに不利です。。

ただ、(私は試したことがないですが)ネットで調べてみると結構キレイに星を撮っている例も見かけるので多少のノイズに目をつぶれば撮影は可能かと思います。

○星を撮るためのレンズ

星を撮るために必要なレンズはとりあえず、カメラを買った時に付いてきたキットのズームレンズで問題ないです。

キットズームレンズでまずは十分

キットのズームレンズの広角側なら18mm(35mm換算で28mm程度)、F3.5くらいになるはず。ひとまずこれで十分です。キットレンズは画質も意外と侮れません。

 

新規に買うなら、空は広いためできるだけ広角寄りのレンズがおすすめ。35mm換算で30mm以下(APS-C: 20mm以下、Mフォーサーズ: 15mm以下)のものが良いでしょう。

余裕があるなら開放F2.8以下のレンズを

できれば開放F値2.8以下のものが理想的ですが、このクラスはグンとお値段も張ってきますので、余裕があればでOKです。最初は必要ありません。

標準~望遠は必要ない

広い星空を撮るため、50mmとか70mmのレンズはたとえF値が小さくても使える場面は限られます。星撮影には向きません。

○三脚は必須

星の撮影ではシャッタースピードを10秒とか20秒に設定します。手ぶれ防止のために三脚は必須です。

とりあえずということであれば3000円程度のファミリー三脚でも大丈夫ですが、この価格帯のものは構図の制約が大きく耐久性や剛性が劣るため、あくまでお試しと割り切ることが必要。すぐに買い換える事になると思います。

おすすめは10,000〜15,000円のもの

入門~中級クラスの軽めのカメラ用なら10,000円~15,000円程度の価格帯のものを選ぶと長く使うことができ、コストパフォーマンスにも優れていると思います。星撮影にも十分です。

3万円台になるとかなり本格的な三脚が手に入りますが、この辺はお財布との相談で。。

○できればレリーズも

三脚にカメラを置いた場合、直接シャッターボタンを押すとブレてしまうので遠隔操作でシャッターをコントロールできるレリーズがあると便利。

無ければカメラの2秒タイマーで十分代用できるので必須というわけではありません。

将来、星の軌跡を撮りたくなった場合はロック機能のあるレリーズやタイマーレリーズが必要なので、1つ持っておくと何かと便利。お使いのカメラに対応したモノを選ぶ必要があります。

他にも細々とあったら便利なモノがありますが、それは撮り方の手順の中で紹介します。

[目次に戻る▲]

スポンサーリンク

キレイな星が撮れる場所を探す方法

星の撮影は星が見えないと撮れません。

キレイな星空を見るためには、1.晴れていて2.月が出ていない(小さい)3.光害がなく澄んだ空気 という3つの条件が必要です。

かなり運やタイミングにも左右される撮影です。運ゲーみたいなもんです(笑)

どんなに良い機材があり、熟練した技術があっても星が見えなければ話にならないので実はこの「星が見える場所を探す」というのが最も重要なポイントです。

1.晴れている場所を探す

何はともあれ天気予報。雨や曇りは論外なので晴れマークの出ているところを探します。

ただし、天気予報の「晴れ」というのは空全体の雲の量が80%以下ならすべて「晴れ」となります。よって普通の天気予報では分からない雲の量(雲量)が非常に重要。雲量が20%でも80%でも天気予報上は「晴れ」なんです。

天体撮影をしている人の間で非常によく使われているのが「GPV 気象予報」というサイト。ここのサイトは雲量の予測を時間単位で見ることが出来るので非常に有用。これを見るか見ないかで撮影結果が大幅に違ってくることも。

スマホで見づらい事だけが難点。。

星の撮り方 GPV気象予報

雲量表示可能なアプリ

スマホのアプリで雲量予報を調べるならiPhoneアプリの「Wethermap+」も使えます。GPV気象予報に比べるとメッシュが荒いですが、地図上に雲量以外の様々な情報を表示できる高性能お天気アプリです。有料ですがなかなか使えます。

WetherMap+ 雲量表示

灰色が雲がかかっている部分(濃度別)なにも無いところが雲が無い天体観察に適している部分です。

WeatherMap+
カテゴリ: 天気
現在の価格: ¥360

Androidアプリは使ってないので分かりません。。

2.月が出ていない(or 小さい)夜を探す

月は星に比べて非常に明るいため、月が出ている夜はどんなに条件が良くともたくさんの星は見られません。。事前に月齢チェックしておきましょう。

PCなら月齢、月の出、月の入りは国立天文台のHPから確認できます。

月チェックはスマホアプリが超便利です。iPhoneなら無料で使える「Diana」がシンプルで手軽に使えます。iPhoneユーザーは必ずインストールするべし!

Diana
カテゴリ: 天気
現在の価格: 無料

Androidは使ってないのでよく分かりません。。似たような無料アプリは探せばたくさんあるはずです。(オススメあったら教えて下さい^^;)

アプリをフル活用する

もう少しよく調べたいなら、以前の記事(すべての写真好きに捧ぐ!撮影に役立つiPhoneアプリおすすめ10選!)で紹介した最強の太陽アプリ「Sun Seeker」の姉妹版「Moon Seeker」がおすすめ。有料ですがコンパス表示や「Sun Seeker」と同じくカメラを向けた先に月の予想軌道を表示してくれる3D Viewなど多くの機能を備えています。

MoonSeeker

Moon Seeker – Lunar Calendar, Compass and 3D Path Viewer
カテゴリ: ナビゲーション
現在の価格: ¥480

SunSeekerはAndroid向けもありますが、MoonSeekerは無いみたい。。

理想は新月の時ですが、新月を中心に1週間程度の期間は夜間月が出ている時間帯も短くかなり良い条件です。

逆に半月より大きな月が出ている夜はかなり厳しい条件なので月光撮影などに切り替えて撮影する必要があるかも。例えばこの写真、ほぼ満月の日に撮ったのですがまるで昼間のようですよね。良く見ると空に星が見えます。月が出ていない時は満天の星空になる場所でもこうなります。

星空の撮り方

ただ、これはこれで悪くないですが^^;

3.光害がなく澄んだ空気の場所を探す

日本国内にいるかぎり、この条件が最も厳しい条件かもしれません。満天の星空を撮るなら大きな都市の周辺は論外です。。大きな街から出来るだけ離れた場所を探す必要があります。
そのとき目安になるものが「光害マップ」なるもので、下記のサイトにあげられているものが見やすくて便利です。Google Earthで自分で作ることもできるのですが、それはまた機会があれば。。

このマップの黄色か緑の場所なら、天気、月の条件が揃えば天の川もばっちりのかなりキレイな星空が見えるでしょう。ただし、観測したい方向に東京など大都市がある場合は地平線が明るくなります。。(100km以上離れていたとしても)

例えば、南伊豆なら南方向は海なので最高ですが、東方向は東京があるため厳しいです。。

高い所はクリアに見える

それと、空気が澄んでいるというのもポイント。夜間活動に適した夏は日本では湿気が強く空気が霞みがち。。そのため低地では良い条件に恵まれない日が多くなります。霞んだ空を避けるなら高い所に行くのが定石

目安は標高1,000m以上の高地。○○高原とか、○○峠といった高地を狙いましょう。1000m級なら登山せずともクルマで行ける場所は意外と多いです。高ければ高いほど良いです。空気が澄んでいるだけでなく、雲の上に出られる可能性もあります。

秋冬は空気が澄む日が多いので低地でも条件に恵まれる日が多いと思います。

[目次に戻る▲]

最難関はピント合わせ

さて、続いては技術的なポイントです。

星景写真で最も難しいのは星にピントを合わせることです。普通の撮影ならシャッター半押しをすれば自動でピントが合いますが、星は暗すぎるのでAF(オートフォーカス)が効きません。

マニュアルでピントを合わせる

よってMF(マニュアルフォーカス)でレンズのフォーカスリングを回しながら合わさねばなりません。さらに星はファインダーを覗いてピントを合わせるのは困難です。頼りになるのはライブビューのみ

しかし、本当にあたり一面星しか見えていないような場所では機種によってはライブビューすら機能しないことも多いです。そんな中でピント合わせをしなければなりません。でも、このピント合わせさえ出来てしまえばあとは星が撮れたも同然。徹底的にピント合わせの方法を覚えましょう。

A.夕方から現地入り出来たとき(簡単)

夕方から現地入り出来たときは簡単です。目視できる一番遠い景色(山など)にAFかライブビューを使ってピントを合わせて、MFに切り替え、フォーカスリングをテープで固定してしまいましょう。星を撮るならピント位置は無限遠に固定しっぱなしでも問題ありません。

一部のキットレンズはレンズの先端がフォーカスリングになっているものもあります。

星の撮り方 フォーカス固定

ズームレンズの場合、ズーミングしただけでピント位置がかわるものもあるので、ズームリングも同時に固定するのが吉

テープはパーマセルテープやマスキングテープがおすすめ。最近は100均でも買える地味目の色のマスキングテープがポケットサイズなので好みです。

B.遠くに明るい街灯や月がある場合(簡単)

遠く(少なくとも数百メートル先)に街明かりなどが見えるならAFがギリギリ効くと思います。そこにピントを合わせてMFに切り替え、テープで固定します。ライブビューでも大丈夫。

月が出ている場合も月に一旦ピントを合わせてMFに切り替えテープで固定しましょう。

C.非常に明るい星が見えている場合(やや難)

金星や木星、シリウスなど非常に明るい星が出ているならカメラによってはライブビューでも見える可能性があります。ライブビューで見えるならしめたもの。明るい星を中心に沿えてピント合わせします。

MFに切り替えてから

運良くライブビューで星が見える場合でもAFは恐らく効きません。三脚にカメラを据えMFに切り替えてから、レンズのフォーカスリングを回してピントを合わせます。

ライブビューでピント合わせをする場合は星が最も小さく見えるポイントがピントが合った場所。目的の星が画面の端にあるとピントが合っても点に見えない場合があるので必ず画面中央で合わせます。画面を拡大しながら合わせましょう。

ピントが合ったらテープで固定。ズームリングの固定も忘れずに。

D.ライブビューも効かない場合(難)

山奥の新月といった理想的な環境では星以外の光源が見えないため、万が一ライブビューで星が見えないとピント合わせは大変です。このような環境では実際に試し撮りしながらピントを合わせる必要があります。

無限遠方向を覚えておく

まずはレンズの無限遠方向にフォーカスリングを回しきります。メーカーやレンズによって無限遠方向の向きが異なるので注意。カメラを構えた状態で反時計回りで無限遠になるのはキヤノン、オリンパス、シグマ。それ以外のメーカー(ニコン、ソニーなど)は時計回りで無限遠です(一部例外あり)。

距離目盛りがついているレンズは「∞」を目印に。付いてなければ回しきります。また、一部電子式のフォーカスリングを採用しているレンズは回しても回しても止まりません。。この場合は電源を入れている状態で勘で回しきらないといけないです。。(カメラの背面液晶に距離表示が出る機種もあり)

星の撮り方 距離目盛り 無限遠

回しきると無限遠を過ぎます。。

AF対応レンズ(ほとんどのレンズ)はフォーカスリングを回しきった所では無限遠を通り過ぎてしまっているので、5mmぶんくらい戻し、そこからピントリングを1~2mmずつずらしながら実際に撮影し、一番ピントが来ている点を探ります。

星の撮り方 無限遠

カメラの露出設定は下記の具体的な撮影手順を参考にしてみて下さい。

数枚撮影して無事にピント位置を見つけたらズレないようにテープで厳重に固定しておきましょう。これを毎回やるのは大変です(笑)

ベランダで予行演習しておくとGOOD!

確実に現場がAかBの状況になっているのならピント合わせは楽ですが、一応最悪(最高?)な状況を考えてライブビューを使わずに合わせる練習もしておいた方が良いです。

街中でも1等星など明るい星は見えるでしょうから初めての場合はベランダや近所の公園から見える星でピント合わせの練習だけでもしておくと良いです。どうしても星が見えないなら遠く(数百メートル先)の街灯で練習するのでもやらないよりはずっとマシです。

星の撮り方 都内

星が見えないと言われる東京23区内でも1等星なら肉眼でも見えるのでカメラで捕らえることは可能です。こちら葛飾区で撮った空。(ISO200, F2.8, 10sec)
ISO2000じゃないです、200ですよ(笑)

事前に合わせておくという方法もあるけれど

その撮影で星しか撮らないなら出発前の明るい段階で無限遠に合わせて固定してしまうという方法もアリですが、ピント位置はその日の気温などで微妙に変化します。出来れば現場でピントを合わせた方が良いです。

[目次に戻る▲]

スポンサーリンク

星空撮影の手順、完全マスターへの道!

必要な機材を揃え、良い場所に行き、ピント合わせの技術さえ持っていれば星は撮れたも同然。マニュアルにしたがって設定し撮っていくだけの簡単なお仕事です☆

事前に注意すること

・ライトは予備を含め2つ以上

星がキレイな場所は夜になると真っ暗です。必ずヘッドライトやペンライトなど明かりになるものを予備も含めて2つ以上用意すること(できれば予備電池も)。山奥の本当に暗い状況だとライトが切れた瞬間に自分の足下さえ見えなくなり普通に遭難する可能性があります。

私はこれ↑の前のモデル使ってます。

・できれば明るいうちにロケハンを

夜の自然にはトラップがたくさんです。初めての場所はできるだけ明るいウチに到着しておきましょう。

・暖かい格好で行く

星撮影は高所が有利ですが、標高1000mを越える高原は夜間非常に冷えます。2000m以上の場所だと下界は30℃以上でも夜間は10℃以下になります。夏期でも絶対に半袖とかで行かないこと。1000mなら(最高気温-15)℃、2000mなら(最高気温-25)℃くらいのつもりで準備しましょう。
山岳の場合はさらに相応の準備をして挑むこと。

・不要な明かりは付けない

近くに自分以外の撮影者、観察者がいないなら自由ですが、特に週末に良条件が重なれば有名ポイントにはたくさんの人がいる可能性があります。ヘッドライトなどで不要に辺りを照らさないよう注意しましょう(もちろん安全第一で。そのためにもぜひロケハンを)。

ヘッドライトやペンライトはそのままでは明るすぎる場合があるので、赤いセロハンを上から被せるといいです。100均に売ってるセロハンを現場でパーマセルやマスキングテープでくっつけるだけでも十分。

星の撮り方 ライト

まぶしくないので自分にも優しいです。

・携帯の電波が通じない場合もあります

星のキレイな山奥はクルマで行ける場所でも携帯の電波が無い場合もあります。撮影前は不要な心配をさせぬよう家族などに連絡しておきましょう。最近はどこでも電波があるのが普通なので意外な落とし穴です。

天気予報なども電波のある場所で最終確認しておくこと。このマニュアルもスマホで現場で見ようと思っても見られないかもしれませんよ!(笑)

それでは実際の撮り方を順を追って見てみましょう!

1.カメラをマニュアルモード(M)にする

星はオートモードでは撮れません。マニュアル(M)にセットしましょう。ミラーレスはメニューの中から設定するものもあります。

星の撮り方 マニュアルモード

マニュアルと聞くとビビってしまうかも知れませんが設定値はある程度決まっているので大丈夫!
*後述するMF(マニュアルフォーカス)とは別物なので注意。

全く始めての人は私の解説しているYouTube動画もどうぞ!

2.手ぶれ補正をOFFにして三脚にカメラをセット

手ぶれ補正をONにしたまま三脚にセットすると手ぶれ補正機能が誤作動してかえってブレることがあるためOFFにしておきましょう。(最近のカメラ、レンズは手ぶれ補正ONのままで三脚OKのものもあります)

星の撮り方 手ぶれ補正OFF

三脚に不慣れな場合は事前に多少扱い方を練習しておきましょう。

カメラを真上に向けたいけど向けられない。。という方はカメラを前後逆に付けると解決出来ますよ!花火撮影なんかにも使えるテクです。

星の撮り方 三脚でカメラを上に向ける

3.ズームリングをテープで固定

ズームレンズを使っている人はあらかじめズームを広角側に固定してしましましょう。ピント合わせの時に固定してもいいですが、慣れていない人は不要なトラブルを防止するため最初にテープで固定するのがおすすめ。
ズームの出来ない単焦点レンズの人はスルーしてください。

星の撮り方 ズームリング固定

(↑この写真はピントリングまで固定してますが、まずはズームリングだけ固定)

キットのズームレンズだと18mmとか14mmとか、より広い範囲が写る数字が小さい方です。

テープは黒のパーマセルテープという撮影専用の紙テープが一番良いですが、100均でも買える普通のマスキングテープでもOK。

4.星撮影用の設定をする

マニュアル(M)モードの場合、ISO感度、F値、シャッタースピードはすべて自分で決めなければなりませんが、星撮影の設定値はある程度決まっているので下記にオススメする設定をまずは試してみて下さい。

◆暗く、理想的な撮影環境の場合

山奥で月が出ていなく、光害もあまり無い時。見た目としては無数の星がハッキリと見え、天の川も余裕で目視できるような条件の場合です。上記光害マップの黄色、緑、紫の場所で月が無い場合とかそんな条件。

ISO6400、F3.5(以下)、シャッタースピード20秒

キットズームレンズでも広角側に固定していれば通常、F値は3.5まで下がります。3.5まで下がらなければ最小値(F4とか)に設定します。

開放F値がF2.8以下の高級なレンズの場合はより小さなF値を使ってもOK。

15秒はカメラの画面では「15″」と表示されます。「15」とだけ表示されている場合は「1/15秒」の事なので注意!

この設定で全く星が写らないことはあり得ません。このあとここから設定を微調整します。

星の撮り方 天の川

理想的な条件ならISO6400、F3.5、20秒の設定でRAW現像せずともカメラで撮っただけでこのくらい写ります。(ISO6400, F2.8, 20″のデータをF3.5相当に明るさだけ変更しました)

◆小さな星もしっかり見えるけど月や光害がある場合

小さめの月が出ていたり、遠くに大都市があるなど光害の影響が多少ある場合は上記設定だと明るすぎるかも。そんなときは以下の設定から始めます。
上記光害マップのオレンジのあたりが目安かな。

ISO3200、F3.5(以下)、シャッタースピード15秒

最初の設定から感度を半分にしてシャッタースピードも短くしました。ここからスタートしましょう。天の川もギリギリ写るはず。

◆明るい星はちゃんと見えるけど細かな星は少しだけ

北斗七星とかカシオペアなど有名な明るい星座はバッチリ見えるけど、満天の星空っていうほどでもないかな?十分キレイだけど。。といった感じ。田舎の街外れや山奥でも半月くらいの月が出てればこのくらいかと。

ISO1600、F3.5、シャッタースピード15秒

上からさらに感度を半分にしました。このくらいだと天の川はちょっと厳しいかな。。

◆明るい星はよく見えるけど小さな星はあまり見えない

明るい有名な星座はちゃんと見えるけど、その他の星はわずかしか見えない。。くらいの状況。山奥でも満月に近い月が出ていればこのくらいです。

ISO800、F3.5、シャッタースピード15秒

また感度が半分になりました。

星の撮り方 月が出ている時

明るい月が出ている時に撮影。月が無ければ満天の星空が見られる環境ですが、月が出ているとここまで明るくなります。(ISO800, F3.5, 15″ ← F2.8で撮ったものをF3.5相当に調整)

◆大都市近郊など星がかろうじて見える状況

東京23区+αや地方の大都市圏だとこのくらい。1等星なら見えるかなぁといった感じの場合。

ISO400、F3.5、シャッタースピード10秒

感度がさらに半分になり、シャッタースピードも短くなりました。東京近郊だとこれでも明るすぎる場合があります。。

星の撮り方 東京から

横浜の夜景スポット大桟橋から撮ってみました。よーく見るとオリオン座がばっちり写っています(PCの人はクリックして拡大すると分かりやすいです)。

これでISO400, F3.5, 10″ (F4で撮ったものをF3.5相当に調整)

ホワイトバランスは寒色系がおすすめ

写真の色を決めるホワイトバランスは好みで(オートでも)いいですが、個人的には寒色系のホワイトバランスがオススメ。空に宇宙を感じるような色になります。

具体的には白色蛍光灯や白熱灯(電球色)あたりの設定。

星の撮り方 ホワイトバランス

長時間露出時のノイズ補正はOFFがいいかも

カメラはデフォルト設定で長時間露出をするとそれと同じ時間だけノイズ除去がかかることが多いです。例えばシャッタースピード30秒で撮影すると直後に30秒ぶんのノイズ除去がかかるので、1枚撮影するのに1分もかかり手数が落ちます。。

キヤノンの場合は「長秒時露光のノイズ低減」という項目です。他のメーカーのカメラも似たような名前の項目があるはず。

多少のノイズ改善効果は見られますが、劇的というわけでもないので手数を稼ぎたい人はOFFにしてもいいです。また、OFFにしてもPhotoshop等で撮影後にこれと同じ効果を適用することが出来ます(普通のノイズ低減処理とは違う仕組み)。

星の撮り方 超秒時露光のノイズ低減

気になる人は「ダーク減算」とかでググってみましょう。普通はスルーしても問題ないです。これをしなくても天の川などもキレイに写ります。ここに載せている写真はすべてOFFで撮ったものです。

将来の事を考え出来ればRAW+JEPGで

星の写真は撮影後に編集することでより輝きを増します。編集を考えるとRAWからのほうが圧倒的に有利なので、将来RAW現像するかも?と少しでも思う人はRAW+JPEGで撮っておきましょう。今はしなくても将来データさえ残っていれば蘇らせることが可能です。

星空のようなカメラ的に厳しい状況はJPEGから編集すると画像がすぐに荒れてしまいます。。

5.星にピントを合わせる

上記「最難関はピント合わせ」の項で紹介した方法で無限遠(∞)にピントを合わせておきましょう。AやB(またはC)の場合は簡単です。

ファインダーもライブビューも効かないDの場合は初心者が暗い現場で初めてやると難しいため、事前に練習しておくのが良いでしょう。自宅のベランダや近所の公園から見える明るい星にファインダーもライブビューも使わず撮影結果だけでピントを合わせられればOK。

星の撮り方 無限遠

撮影してピント合わせする場合のカメラの設定は上記のおすすめ設定値でOK。一枚撮影して明るすぎればISO感度を下げます。暗すぎればISO感度を上げましょう。

星が目視出来ているのに上記設定で全く星が写らないということはまず無いのでその場合は設定を見返すこと。

2秒タイマーまたはレリーズを使う

シャッターを切る場合は、カメラ側で2秒タイマーを使うか、レリーズをカメラに装着します。ワイヤレスタイプのものもありますね。

ピントを決めるのに写真がブレてしまっては意味が無いですから。。

必ずMFに切り替えてテープで固定を!

ピントが決まったら必ずMF(マニュアルフォーカス)に切り替えておき、ピントがズレないようフォーカスリングもテープで固定します。

AFのままにしておくとシャッターボタンを押した瞬間にピントが変わってまた最初からやり直しです。。

*最初に設定したMモードとMFモードは別物です。MFモードへの切り替え方法はレンズのスイッチを切り替えるのと本体側のメニューから設定する2つのパターンがあります。事前に確認しておきましょう。

6.明るさを微調整する

ズームとピントを固定して、上記のおすすめ設定が完了していればあとはシャッターを切るだけで星が写っているはずです。結果を見ながら明るさを微調整します。

Mモードの場合は露出補正は効きません。ISO感度、F値、シャッタースピードを自分で調整します。

明るくしたい場合

写真を明るくしたい場合の方法は二つ。ISO感度を上げるか、シャッタースピードを伸ばすか。

一番簡単なのは感度を上げること。ただし副作用で写真がノイジーになります。自分のカメラの高感度性能と相談しながら調整しましょう。

または、シャッタースピードを伸ばします。Mモードなら通常30秒まで伸ばせます。しかし、長すぎると地球の自転運動により星が点から線になります。広角なら20秒くらいまでならあまり気になりません。

F値を下げる余裕があるなら下げても明るくなります。

暗くしたい場合

写真を暗くしたいならISO感度を下げる、シャッタースピードを速める、F値を大きくするのいずれか。

ほとんどの場合は感度を下げて暗くするのがおすすめ

シャッタースピードは10秒くらいまで下げても良いと思いますがそれ以上下げるならISO感度を下げる方が良いでしょう。

キットレンズでF値を大きくするのはあまり現実的で無いかも知れません。ピントを合わせてもモヤッとするならちょっとだけF値を大きくすると多少スッキリした絵になる可能性はあります。

撮る方角によっても違います

遠くに大きな街がある場合は方角によって空の明るさがかなり変わります。

たとえばこれ、東京から直線距離で100km以上離れた山奥で撮りましたが、地平線が明るいですよね。。この方角に大都市 東京があるからです。後ろの空は天の川がしっかり見えるくらい暗い空なのに。

星の撮り方 光害

また、日の出の1時間前にはもう東の空はかなり明るくなり始めますし、月の位置によっても空の明るさは変わります。基本の設定を中心に撮影結果を見ながら明るさを調整してみましょう。

7.構図を調整してバシバシ撮る

明るさが決まればあとはバシバシ撮るだけ。

構図の調整はピント調整と同様、場合によってはファインダーもライブビューも効かない場合があるので、撮りながら微調整します。

最近のカメラは水準器が内蔵されていることが多いのでそれを手がかりにするとやりやすいです。

これで一通りの星空撮影の手順を紹介し終わりました!

普通の撮影に比べればやることや覚えることはたくさんありますが、パターンは決まっていますからこれさえ覚えれば普通に星が撮れますよ☆

[目次に戻る▲]

上手く撮れない。。困った。。
そんな場合は?

星がまったく写らないんだけど。。

上記の設定を順番に実行すれば、目視で星が見えるのにまったく写らないことはありません。どこかで設定が間違っているはず。落ち着いて最初から見返してみましょう。

良くあるミスは

・ピントが合っていなかった

明るい星が点で写っているか、水平線や山の稜線がしっかりうつっているか確認します。上記「最難関はピント合わせ」の項を最初から見返しましょう。

・暗すぎる

15秒ではなく1/15秒に設定していませんか?
カメラは通常、15秒は「15”」、1/15秒は「15」と表示されます。「 ” 」があるかどうか確認しましょう。

キャップをしっぱなしという笑えないミスもあるので一応ご確認を。

・明るすぎる

大都市近郊や満月の夜は明るすぎる場合があります。上記「4.星撮影用の設定をする」の項を参考に設定を見直しましょう。

星が線になるんだけど

地球の自転運動により、長時間シャッターを開けっ放しにすると線になります。特に50mmや100mmといった標準~望遠域は目立ちます。できるだけ広角を使いシャッタースピードも20秒程度にとどめておくのが良いです。

完全に点で撮りたいなら「赤道儀」という専用のアイテムを使いますがこれは上級者向けなので割愛。

望遠で撮ったらこうなる

望遠レンズで撮ると25秒でこんなに星が流れます。。(173mm, 25sec, EOS 7D )

これとは違い、画面端側の星が滲むように線になっている場合はレンズの収差によるものです。絞ると改善する場合がありますが根本的に解決するにはレンズを買い換えるしかありません。。

ノイズだらけで写真が汚い。。

できるだけISO感度を下げることを考えましょう。ただ、それでも望む明るさが得られないならおそらくこれがあなたのカメラの限界です。。

カメラ内のノイズ軽減設定を強めに掛けたり、RAW現像でノイズ除去を丁寧にすれば多少の改善は見られます。OFFを推奨していた長秒ノイズ除去もONにしましょう。

RAW現像で明るくすることを見込み、感度を下げややアンダーに撮っておくというのも一つの方法。

古いカメラやセンサーの小さなカメラはなかなか厳しいです。。

おススメのピクチャースタイルは?

ピクチャースタイル(ピクチャーコントロール)などの仕上がり設定で風景やビビット系にし、コントラストを最大にしてしまうのがおススメ。より星がハッキリと写るはずです。

キヤノンなら「風景」「コントラスト+4」がおすすめ。

下記エントリーのしっかり系セッティングを参考にしてみてください。

RAWで撮ればあとから変更可能ですよ。

ソフトフィルターは付けた方がいいの?

ソフトフィルターという特殊なフィルターを付けると明るい星の光が滲んだようにふわりと幻想的な雰囲気になるため愛用する人も多いです。

↓確かこれはソフトフィルター付けてたはず。分かりにくい例ですみません。。

星の撮り方 ソフトフィルター

私も以前使っていたことがありましたが、個人的にはキリッと写った星の方が好きなので最近はほとんど使いません^^; 結構好みが分かれると思います。それほど高価なフィルターではないので一度試してみるのも良いかも知れません。

三脚を持っていない!忘れた!

三脚の一番大きな役目はカメラを固定しておくことなので、三脚がなくとも地面やバッグの上にカメラを置いて2秒タイマーなどでシャッターを切れば一応写せます。

この写真はカメラバッグの上にカメラを置いて2秒タイマーで撮りました。カメラさえ動かなければ普通にキレイな星が撮れます。

星の撮り方 三脚が無い場合

ただし、構図の自由度が大幅に制限されるのであくまで緊急事態向けです。。

天の川を撮りたい!

天の川の撮り方は実は今回の方法と全く同じです。天の川は小さな星の集まりなだけですから。

星の撮り方 天の川

天の川撮影の最大のポイントは、天の川が目視でもしっかり見える場所、タイミングに行くこと。ただそれだけです。そのうち天の川特集もやろうかと思います!

星の軌跡を撮りたい!

普通に星が撮れるようになれば軌跡を撮るのは超簡単です。

ただし、写真を合成したり、インターバル撮影をするなどいくつか技術的なポイントを追加で覚える必要があります。下記の記事に詳しくまとめてあるのでぜひご覧下さい。お家のベランダからでも撮影できるんですよ!

星の撮り方 軌跡で撮る
studio9関連コンテンツ
2016.02.24
16.02.23
373シェア
みんな一度は目にしたことがある夜空にサーッと星の軌跡が流れている写真。あれ、お家のベランダからでも撮れるって知ってました別のタブで開く

星の撮り方 軌跡で撮る

○○星雲、○○銀河を撮りたい!

残念ながら今回の方法では撮れません。。これらを撮るには望遠レンズを使わないといけないので、星の動きを止めるために赤道儀という専門の道具を用意しなければならず、かなり専門性の高い撮影となります。。

流れ星も撮りたい!

年に数回ある流星群は流れ星を撮るチャンスでもあります。流星群でなくとも条件が良い空なら一晩に何個も流れ星が見えます。

流れ星を撮るのも今回の方法と同じです^^ 星を撮る場合は15~30秒ほどシャッターを開けっ放しにするのですが、その間に流れ星が流れれば星と一緒に流れ星が写る。ただそれだけ。星を撮るときのオマケみたいなもので運次第です。

↓たまたま写りました^^; 流れ星は線の最初と最後が細くなっています。一定の線になっているのは飛行機か人工衛星です。池にも映り込みましたね。

星の撮り方 流れ星

ちょっと専門的な話になってしまいますが、流れ星の明るさはシャッタースピードに影響しません。狙って撮るなら暗い空でF値を小さくするか、ISO感度を大きくするとしっかり写ります。

iPhoneやスマホで星は撮れますか?

ほぼ諦めた方がいいです。残念なが普通のカメラアプリではまず撮れません。。

一応、星が撮れる謳っているアプリもありますがキレイに撮れることは期待しない方が良さそうです(たぶんコンポジット法を使っているのかな?)。

星空撮影が可能な高感度カメラ ー 星空カメラ
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ¥240

↑私は試したことないです。。

月はどうやって撮るの?

月は非常に明るいため、星を撮るよりずっと簡単です。こちらに詳しくまとめたのでご参照ください^^

ブルームーン
studio9関連コンテンツ
2016.11.10
13.10.09
4958シェア
 誰もが一度は写真を撮ろうとしたことがある月。普通の撮り方ではなかなか上手く撮れないと思いますが、実は設定が決まっている別のタブで開く

望遠レンズさえ持っていればすぐに出来ます。三脚すら必要ありません。

星座のこととか全然知らないんだけど。。

星座の名前や星を知っているとより楽しく撮影できるようになりますよね!そんなときはスマホのアプリが大活躍します。

スマホを空に掲げるだけでその方角の星を示してくれるため超便利です。iPhoneで無料で使えるのだと「星座表」というのがおすすめ(一部アプリ内課金あり)。

星座表
カテゴリ: 教育
現在の価格: 無料

また、有料ですが「Star Wark 2」はより高機能で天の川の位置が分かりやすかったり、表示が美しかったりとこのところメインで使ってます。

Star Walk 2 – Guide to the Sky Day and Night
カテゴリ: 教育
現在の価格: ¥360

star walk 2 天の川

Androidは最近使ってないですが、Google純正の「スカイマップ」あたりが評価高いと思います。たぶん無料。

[目次に戻る▲]

まとめ

ということで、星の撮り方を一通りまとめてみました!

非常に長い記事となってしまいましたが最後までお読み頂きありがとうございます。

こだわり出せば沼のように深いジャンルの撮影ではりますが、最近のカメラ性能の進歩もあり、目視できる星なら初心者でも気軽に撮影出来るようになりました。

満天の星空をはじめてカメラに収められた時はすごく感動したのを覚えています。

多少練習が必要な人もいるかも知れませんがここに書いてあることを順番にクリアしていけば必ず美しい星空が撮れるはず!

ぜひお試しあれー

スポンサーリンク
© 2016 studio9. All rights reserved. [more info.]
この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / studio9管理人
studio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。中の人です。 「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー