世界が変わる!一味違った写真を撮りたいならマクロレンズを始めよう。

カテゴリー:カメラ使いこなし / シーン別に撮る / 写真のコツ
今日はマクロ撮影のお話。いいカメラに変えたのにコンデジで撮った写真っぽくしか撮れないんだよね。。とお悩みなら、マクロに挑戦してみるといいかもしれません。
ちょっと安易な提案ではありますが、確実にコンデジでは不可能な写真が取れるようになります!レンズ交換できるカメラと”マクロレンズ”があれば誰でもできます☆

見える世界が変わるマクロレンズとは?

マクロ(Macro)とは日本語で「巨視的な」という意味ですが、写真の世界では「小さなものを大きく写す」という意味です。なんとなくミクロ(Micro)の方がしっくりしそうな気がしますが、決まった用語なので仕方ありません^^;

マクロレンズというちょっと変わったレンズを付けて撮影すると、普通のレンズでは到底映せないような小さな世界を大きく写す事ができます。ホント、ファインダーの中の世界が変わって見えますよ!

今日はそんなマクロレンズの世界やおすすめのレンズ、撮り方について紹介してみます!

本日のコンテンツ

  • マクロな世界とは?
  • マクロ撮影に必要なもの、レンズの選び方
  • マクロな世界の探し方、撮り方
  • まとめ
スポンサーリンク

マクロな世界とは?

マクロレンズを付けるとどんな世界がとれるのかは、実際の写真を見た方が分かりやすいかと思います。

マクロな世界とはこんな感じです。(こちらのエントリーもご参照ください⇒Macro World。

マクロ撮影 アリ

マクロ撮影 あじさい

マクロ撮影 桜

一枚目はアリ。こんな小さな虫もここまで大きく撮れました。アリの世界に入り込んだ感じですよね。普通のレンズではまず撮れません。

二枚目はなんと紫陽花。がくあじさいの真ん中にクローズアップしてみました。キレイだなぁと思った部分だけを切り取って上げるのも面白いです。

三枚目は桜。お花全体を写すにしても小さなお花は普通のレンズではなかなかここまで大きく写す事は難しいです。

どれも、小さな部分にクローズアップしていて、ピントが合ったところ以外はボケボケです。コンデジやiPhoneで撮った写真ではここまでクローズアップしていて不思議な感じの写真ってなかなか無いですよね。

一眼レフのマクロ撮影は小さな世界を大きく写せるという他に、ピントが合っている所以外はとろけるようなボケになるというのも特徴です。

もしあなたがレンズ交換できるカメラ(一眼レフ、ミラーレス)を持ってるなら、”マクロレンズ”というレンズを手にするだけでこんな写真を撮る事ができるようになります!

マクロ撮影に必要なもの

↑の写真のようなマクロ撮影をするなら、まずはレンズ交換式のカメラマクロレンズが必要です。たったこれだけ!

マクロレンズとは?

キットのレンズや普通の単焦点レンズしか持っていなければ”マクロレンズ”というちょっと特殊なレンズが必要です。

普通のレンズとの違いはものすごく近くまで寄って撮影できること。普通のレンズは被写体に近づくとあるところでピントが合わなくなってしまいますが、マクロレンズではもっともっと近くまで寄ってもピントを合わせることができます。つまり、大きく写せる!というわけです。

ちょっと普通のレンズとマクロレンズの比較をしてみましょう。

10円玉を机の上において、ピントが合うギリギリのところまで近づいて撮影します。焦点距離はどちらも約90mm。上の写真が普通のズームレンズ、下がマクロレンズです。

普通のズームレンズ

普通のズームレンズは大きく写したくてもココまでしか大きくできない。。

これ以上近づくとピントが合わなくなるのです。。

マクロレンズ

マクロで撮るとここまで大きく撮影することができました!

ぜんぜん違いますね!これがマクロレンズの特徴です。

最大撮影倍率という言葉

マクロレンズとは通常、最大撮影倍率が1倍のレンズのことをいいます。この”最大撮影倍率”はちょっとややこしいので言葉だけなんとなく知っていればOK。”1倍”が最も大きく撮れると覚えておきましょう。ちなみに、普通のズームレンズではこの最大撮影倍率はだいたい0.2倍くらい。数字が大きければ大きいほど、近くに寄って大きく撮れます。

自分の持っているレンズの最大撮影倍率がいったいどのくらいなの?と思ったら、説明書やメーカーHPの”仕様”の欄を見てみます。

例えば、各社のマクロレンズを見てみると。。

・Canon EF-S 60mm F2.8 マクロ

EF-S 60mm F2.8マクロ

・Nikon AF-S Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

・タムロン SP AF90mmF/2.8 Di MACRO

SP AF90mmF/2.8 Di  MACRO

・LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8

みんな”1倍”ですね。普通のレンズならここが0.2倍とかになってるはずです。

カタログスペックの読み方はこちらにもまとめました!
– レンズ選びで失敗しないための、カタログの読み方!13のポイント!!

どんなレンズがおススメ?

撮影対象にもよるので絶対コレがおすすめ!といことは言えないのですが、個人的には35mm換算で90mmくらいの焦点距離のレンズがオールマイティに使えておすすめ。

フルサイズセンサー搭載カメラ

上の写真はEOS 5D MarkIIというフルサイズのカメラに Tamron SP AF90mm F/2.8 MACRO というレンズですべて撮影しました。このタムロンのマクロレンズは手ごろな値段でありながら、ボケが柔らかく美しいと評判のレンズ。業界では「タムキュー」として親しまれている人気のレンズで私も愛用しています。

新品でも3万円ちょっと、中古ならさらにお安く手に入れられるのでおススメ。

タムキューの手ぶれ補正付き版も出ています(お値段ちょっと高め)

APS-Cセンサー搭載カメラ

ただ、APS-Cサイズのカメラ(普通の一眼レフ)をお使いなら、90mmのレンズではちょっと望遠過ぎるかもしれないので、60mmくらいのレンズがいいでしょう。APS-C専用の60mmのレンズならさらにお安く手に入ります。上記SP AF90mmの弟分に当たる、SP AF60mm F/2というレンズなら3万円台で新品の購入が可能です(*2015年現在、タムロン90mmが型落ちとなったため、60mmの方が高くなってしまいました)。

APS-Cって何?という方はコチラのエントリーもどうぞ
– レンズ選びで失敗しないための、カタログの読み方!13のポイント!!

また、APS-C専用のマクロレンズならメーカー純正品でも、結構安く手に入れられます☆ちょっと焦点距離が短い気もしますが、上のNikon AF-S Micro DX NIKKOR 40mmは確か2万円台で入手可能なはず。(ニコン製品はマクロじゃなくミクロという言葉を使ってます)

マイクロフォーサーズ

PENやGFシリーズのマイクロフォーサーズ規格のカメラなら、焦点距離は45mmのものが目安。。といっても、マイクロフォーサーズ規格のマクロレンズは今のところLEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8というレンズしか出ていませんね。。お値段が6万円近くしてしまうのでちょっと敷居が高いかも。。もちろん高いだけあって非常にいいレンズなのですが。

**追記**

オリンパスからOLYMPUS : M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro というマクロも出てます。テーブルフォト用にはちょっと焦点距離が長いですが、お花など屋外で撮るなら使い勝手が良い距離です。

オリンパスとパナソニックのレンズはマイクロフォーサーズ企画であれば互換性があるのでどっちをつかってもOK。

お値段的にちょっと。。というならM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mmというレンズで少しだけマクロ感を味わうことができます。このレンズはマクロレンズではないのですが、マクロモードという機能が付いていて、通常よりも寄ることが出来ます。

  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm

最大撮影倍率が普通のレンズの約2倍の0.36。実際に触ったことがないのですが、いつもの倍くらいは寄れるんじゃないかと思います。お値段も3万円台から☆

他に必要なものは?

特にありません(笑)

できればあった方がいいかなーと思うのは、小さめの三脚くらいかな?被写体に寄れば寄るほど手振れが目立つようになるので、三脚があると便利かも。

上の写真はすべて手持ちですが。。(汗

スポンサーリンク

マクロな世界の探し方、撮り方

まず、自分がキレイだなーと思う部分を見つけましょう。

例えば上の白い紫陽花を取った場所はこんなところ。

白い紫陽花を撮った場所

引きで撮ると、なんてことは無い普通の紫陽花ですが、花の痛みも少なく、非常にきれいな状態でした。これならアップでとってもキレイだなーと思って撮影したのです。

マクロで撮る時は、ほとんどアップで撮る事になるので、局所的にとてもキレイな部分を探すのがキホン。

いきなりカメラを構えるのではなくて、まずはどこを撮ったら一番キレイに見えるかな?と被写体が一番キレイに写りそうな部分を自分の目で探します。

☆ポイント☆
まずはキレイだと思うところを探し出すこと!
よく観察することが大事。

で、ココが良さそうかなと思ったらカメラを構えて、被写体にグッと近づくのです。するとこんな感じの柔らかくボケた写真が撮れるはず。

紫陽花マクロ最初の1枚

ここまで来れば、マクロな感じをたっぷり味わえますね!いい感じでボケボケになりました!

でも、ちょっと欲を言うと、手前の花びらのいくつかに中途半端にピントが合っているため、あまり美しくありません。見てる人はどの花びらを見ていいか迷ってしまいます。

そこでここからさらに、花びら一つだけにピントが合うように位置や角度を微調整したのが冒頭の写真。右下一つだけにピントが合いましたね!

マクロで撮る時のコツは、自分がキレイだなーと思ったところ1点にピントを合わせて、他はボカしてしまうことです。

そうすれば、見てる人にも自分がキレイだなーと思った部分を伝えやすいですよね。

☆ポイント☆
マクロで撮る時は、キレイだと思ったところ1点にピントを合わせる!

カメラの設定は?

出来ればオートではなくAv(絞り優先)モードを使いましょう。マクロはボケの具合が重要。つまり、絞り値の調節がポイントです。

絞り値はだいたいF4.0を基準に撮ってみて、そこから微調整するのがいいと思います。もっとボカしたいならF2.8へ、ボケを減らしたいならF5.6へ。という感じで。

また、手持ちで撮るなら、シャッタースピードをかなり早くします。上の写真くらいまで思いっきり寄って撮るなら、1/100程度ではきっとブレます。大体1/300~1/600くらいがおススメ。

Avモードの時は、ISO感度を自分で調整して(早くしたいなら感度を上げる)ぶれないシャッタースピードになるようにしましょう。

そのほかにも、いろいろ細かなコツはあるのですが、まずはこれだけ覚えれば、マクロを思いっきり楽しめますよ!

 まとめ

今回もちょっと長くなってしまいましたが、マクロ撮影するためのポイントは、

まずはマクロレンズを手に入れる。

レンズが手に入ったら、実際に撮ってみましょう。

撮る時は、まず自分の目で一番キレイなポイントを探し出す。
良く観察する。

キレイなポイントさえ見つけてしまえば後は撮るだけ。

できればAvモードで、F4.0を基準に。
手持ちならシャッタースピードは1/300~1/600。
足りなければISO感度を上げて早くする。

こんな感じですね。

わずか3ステップ!

ぜひマクロレンズを手に入れて、自分だけのMacroWorldを見つけてみてください!

スポンサーリンク
© 2016 studio9. All rights reserved. [more info.]
この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / studio9管理人
studio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。中の人です。 「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー