studio9監修のカメラバッグEnduranceシリーズ好評発売中!詳しくはコチラの記事をどうぞ!

カメラ使いこなし シーン別に撮る 写真のコツ

この写真、どこを撮る? ‐動きを出す、望遠で切り取る‐ [構図のヒント]

更新日: by 中原 一雄

雨の日が続いていてなかなか撮影に出にくい今日この頃ですが、構図のイメトレをしてみたいと思います☆
下から覗いたり、三分割法を使ったり、近づいてみたり。。今までやったことをおさらいしながらイメトレしてみましょう!

ココに出てるのはあくまで”例”です。私だったらこう撮るかな?というだけなのでこれが正解とは限りません。あなただけの世界を切り取る参考になれば幸いです☆

黄色い花と赤いバラが印象的でした

今回の題材はこちら。

公園の中をフラフラしてたらこんな光景に出会いました。

どこを撮る? ‐動きを出す、望遠で切り取る‐ [構図のヒント]

EOS7D / EF-S 15-85mm F3.5-5.6  IS USM / 15mm f4.5

手前の黄色い花と奥の赤いバラが印象的。

でも、普通の目線からシャッターを押しただけではこんな普通の写真になってしまいました。。奥に軽トラとか見えるしX(

この場面で私が感じた”キレイだな~☆”のポイントは2つ。手前の黄色い花が一番キレイだな~と感じて、さらに奥の赤やピンクとの配色のバランスもキレイだよね!と思ったのです。

どこを撮る? ‐動きを出す、望遠で切り取る‐ [構図のヒント]

自分が撮りたいと思ったポイントがしっかり見えれば、あとはそこが生きるように画面全体のバランスをとるだけ。これが”構図”です。

手前をメインに配置しつつ、奥を生かす。

さて、あなたならどうやって切り取ります?この場面。。

 

 

 

 

私はこんな感じで切り取ってみました!

一歩近づいてみる

黄色い花が一番キレイだと思ったんだから、単純にもっと近づいてみればいいんじゃない?という考え方。以前やった、一歩近づいても新しい世界が見える。というやつですね。

そのまま、できるだけ近づいて、手前の黄色い花をメインにしつつ、右上にアクセントで赤いバラが入るようにしてみました。

どこを撮る? ‐動きを出す、望遠で切り取る‐ [構図のヒント]

EOS7D / EF-S 15-85mm F3.5-5.6  IS USM / 15mm f4.5

さっきよりずっと良くなりましたね!近づいたおかげで迫力がでました。

さらにこの写真、斜めに撮っているのが分かりますか?

木が斜め方向を向いていますね。今回は後ろの赤いバラを入れるのに斜めにしないとキツかったっということもありますが、斜めに撮ることで写真に動きというか躍動感がでましたね!

写真を斜めにすると画面に動きが出るということも覚えて置きましょう。結構いろんな場面で使えます☆

写真に動きを出したい時は斜めに撮ってみる!

ちなみに、それほど意識して撮ったというわけではないですが、きちんと3分割法に則っています。やっぱり、3分割ってのは人間が”ちょうどいい”と感じるのでしょうね!

どこを撮る? ‐動きを出す、望遠で切り取る‐ [構図のヒント]分割後

実はこの場面、もう1カット撮っています。

望遠でキレイなところだけ切り取る

上の例はこの日使っていたズームレンズの一番広角側、15mmでしたが、広角で撮ると結構余計なものが入り込んできたりして、画面の構成が難しい時があります。

そんな時はレンズの望遠側を使ってみましょう。望遠側であれば余計なものが入ってきづらいし、ボケやすいという特典もついてましたね!(すぐにボケた写真を取れるようになれる4つの方法。

画面をスッキリさせたいときはズームで撮ってみる!

実際に撮ってみたのはこちら。

どこを撮る? ‐動きを出す、望遠で切り取る‐ [構図のヒント]

EOS7D / EF-S 15-85mm F3.5-5.6  IS USM / 85mm f5.6

ちょっとしゃがみこんで、低い目線から手前の黄色い花を入れて、奥にピンクのバラが入るようにしてみました。

ズームで撮ったから、奥のバラがいい感じでボケて雰囲気が出ましたね。余計なものが消えて、スッキリ。キレイだと思ったものだけを入れることができました。

ちなみにこの写真の画面構成は斜めに三分割。

どこを撮る? ‐動きを出す、望遠で切り取る‐ [構図のヒント]分割後

画面の対角にそれぞれポイントを置いて構図を整える。というのも結構使えます☆普通の三分割法に飽きてきたら、こういう感じで撮ってみるのもいいですね!

まとめ

写真を撮る時は、まず自分がこの場面、どこを撮りたいか?ということをハッキリさせることです。構図とかカメラの設定はその次のステップです。

まずは被写体をよく観察すること。

テクニックよりもこれが一番大事です。

どう撮りたいか決まったら、一番しっくり来る画面構成を考えてみます。今回ご紹介したのは、

・一歩近づいて迫力を出してみる。
・斜めにして動きを出してみる。
・望遠でキレイなところだけ切り取る。

でした。

構図を決める際のヒントになってくれれば幸いです☆

イチオシの記事
1 Endurance 比較

プロカメラマン監修のカメラバッグ”Endurance”全製品の特徴や選び方を開発者が紹介するよ!!

カメラバッグ沼に陥っていた私が、「ぼくのかんがえたさいきょうのカメラバッグ」として作ったのがEndurance カメラバッグシリーズです。現在販売しているバッグやアクセサリ全種類の特徴とおすすめの選び方を開発者である私がご紹介してみます! 自分の理想とするカメラバッグがいくら探してもない。。とカメラバッグ沼に陥っていた私が、「ぼくのかんがえたさいきょうのカメラバッグ」として作ったのがEndurance カメラバッグシリーズです。 一番はじめに出た「Endurance カメラバッグ」では他の人が使う事なんて ...

2 GODOXクーポン

Godox製品をお得にゲットしよう!studio9限定クーポン情報を紹介するよ!

私も愛用しているGODOXの照明機材達ですがGODOXさんからstudio9の読者さま向けに割引クーポンを発行して頂けることになりました!不定期で対象機材が入れ替わりますのでぜひチェックしてみて下さいね! 読者向け特別クーポン発行中! 私も愛用しているGODOXの照明機材達。あまりに便利すぎて(あとコスパ良すぎて)、普段使用しているクリップオンストロボ、モノブロック、LEDライトはほぼGODOXに統一されてしまったほど。 この度、GODOXさんからstudio9の読者さま向けに割引クーポンを発行して頂ける ...

3 写真のことが全部わかる本

studio9が本になった「写真のことが全部わかる本」が3/16に発売になるのでちょっと中身を紹介します!

2012年から写真に関するTIPSやレビューなどいろいろ取上げてきたstudio9の内容が入門者向けに1冊の本になりました!バラバラに散らばってきた内容が習熟度に合わせて順番に読み進められるようにまとまり、studio9で取上げていないテーマなども含めてほぼ全編で書き下ろしして再構成しました。3/16に発売となりますが一足先に中身をちょこっと紹介してみようと思います! studio9が本になったよ! 2012年ごろから私、中原一雄が写真の撮り方に関するTIPSやレビューなどいろいろ取上げてきたstudio ...

4 写真管理環境

カメラマンが教える、快適な写真編集向けパソコン環境とは?![Lightroom, Photoshop]

デジタル写真を高いレベルで扱うにはそれなりに高機能なスペックのパソコンが必要です。この「それなり」というのが意外と難しいところ。写真を快適に扱うために適したパソコンのスペックって何??という方向けに、オススメのPCスペックとデータを安全に運用するための方法についてまとめました。結構長めです。 写真編集に快適なパソコンを選びたい デジタル写真の完成度はカメラの撮影で5割、後の編集で5割くらいの比率で重要だと思っている私です。そんなに編集しないよという人でも大量の写真を管理するならパソコンは必要です。でも、現 ...

-カメラ使いこなし, シーン別に撮る, 写真のコツ

この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / カメラマン・中の人
普段はカメラマンとして活動しながらstudio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

© 2021 studio9