iPhone、スマホでスーパームーン、満月をクレーター模様まで撮る方法!アプリが重要だよ!

カテゴリー:カメラ使いこなし / 写真のコツ
一般に月を撮る場合は望遠ズームなどで撮る必要がありますが、工夫すれば最近のiPhoneやAndoroidスマホでも上手く撮れると思いますよ!今回はiPhoneで挑戦してみます。

ちょっとモヤモヤしてますが、iPhone 6 Plusで撮りました。クレーター(月の模様)まで写ってますよね。見て分かるように1つ1つのクレーターまでしっかり写すのは難しいですが。。^^;

iPhoneで満月を撮る!

本日は中秋の名月、明日はスーパームーンというお月見には絶好のタイミングなわけですが、一応アプリさえ入れておけばギリギリクレーターまで月が撮れますよ!

できれば望遠が効くカメラが良いですが、スマホしか持っていない場合は諦めずに撮ってみると意外と撮れるかも?

本日のコンテンツ

  • 月が撮れるカメラアプリ
  • 月の撮り方(アプリの使い方)
  • 大きくトリミング(クロップ)する
  • まとめ

スマホではなく望遠が効くデジカメで撮ればもっとクッキリキレイに撮れます。下記の記事を参考にしてみて下さい。

満月 スーパームーン 撮り方
studio9関連コンテンツ
2016.11.10
15.09.27
1483シェア
定期的にやってくる月のイベントの2つはスーパームーンとブルームーンでしょうか。中でもスーパームーンは普段よりも月が大きく別のタブで開く
スポンサーリンク

月が撮れるカメラアプリ

月はちょっと特殊な被写体なので標準のカメラアプリで撮るのは非常に難しいです。標準アプリよりも高機能なものが必要です。

露出ロックできるアプリが必要

ポイントは露出(明るさ)とフォーカス(ピント)を別々に制御できるアプリであること。

今回は以前の記事(カメラマンの私が使う至高のiPhoneおすすめカメラアプリと使い方!)でも紹介した「Camera+」というアプリを使ってご紹介していきます。

鉄板カメラアプリ
studio9関連コンテンツ
2016.05.03
14.02.02
2098シェア
普段は一眼レフ中心のstudio9ですが、実はスマホ(iPhone)で写真を撮ることも多いんです。そこで今回は私が普段使別のタブで開く
Camera+
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ¥360

かなり高機能なカメラで大抵のことはなんでも出来ちゃいます。普段の撮影にもオススメです。

Androidスマホの人は(私は使ったこと無いですが)「Camera FV-5 Lite」というアプリは露出のみロックできそうですね。

月の撮り方(アプリの使い方)

アプリさえあれば簡単です。

1.室内でシーリングライトに露出をロック

月は闇の中に非常に明るく光っているのでそのまま撮ると月が真っ白に飛んでしまいます。そこで月と同じくらい明るいものに露出を合わせます

自宅なら天井のシーリングライトとかが良さそう。外にいる場合は街灯とか友達の画面の明るさMAXにしたスマホの画面とか、スマホのライトに合わせるのも良いかも。

Camera+の場合、アプリを起動して画面内を2本指でタップすると「露出」「焦点」2つの枠が出てきます。ここで露出の枠だけ蛍光灯に合わせて隅っこの「鍵マーク」をタップ。

iPhoneで月を撮る

これでカメラの設定が蛍光灯の明るさにロックされました。アプリを終了してはいけません(設定が元に戻るから)。

2.月にピントを合わせる

続いてベランダなどに出て、月を撮ります。

iPhoneでは月は米粒程度にしか写りません。Camera+の場合x6(6倍)までズーム出来るのでMAXまでズームして、焦点の枠を月に合わせます。

ズームするとピントが合いづらいのでピントが合ったり合わなかったりすることがあるかも知れませんが、合ったタイミングでシャッターを押します。(焦点はロックさせなくても良いです)

どうしてもピントが合わない場合はズーム倍率を下げると良いかも。

iPhoneで月を撮る

 

6倍までズームすればかなり月が大きく、画面上でもクレーターが見えてるはず。露出をロックしないで同じ事をすると月が真っ白になります。

肘などを手すりに置いて手ぶれに注意しながらシャッターを押します。以前書いた手ぶれさせないようにする撮り方も参考にしてみると良いかも。

手ブレを抑えて撮る
studio9関連コンテンツ
2015.06.13
14.02.03
136シェア
前回、私が常用しているおススメカメラアプリをご紹介しましたが、今回は手ブレさせずにスマホカメラで上手に撮るための方法をご別のタブで開く

3.撮れました!

撮れた写真はこんな感じでしょうか。

iPhoneで月を撮る

クレーターまで写りましたね!

iPhoneでもここまで撮れます。今回はiPhone6Plus(800万画素)を使いましたが先日発売したiPhone6sなら画素数アップしているのでもう少しキレイに撮れるかも?

スポンサーリンク

大きくトリミング(クロップ)する

このままでもソコソコ大きいですが、アプリを使ってもう少し大きく拡大して見ます。

上記リンクでも紹介していたInstaflash Proというアプリを使ってみます。使い方は下記記事を参考にどうぞ。

*トリミングだけなら安いProじゃない方でも可能。他のアプリでも出来るものが多いです。

鉄板カメラアプリ
studio9関連コンテンツ
2016.05.03
14.02.02
2098シェア
普段は一眼レフ中心のstudio9ですが、実はスマホ(iPhone)で写真を撮ることも多いんです。そこで今回は私が普段使別のタブで開く
Instaflash
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ¥120
Instaflash Pro
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ¥600

ここでトリミングをしたり、Pro版なら「明瞭度」という項目と「コントラスト」を強めにかけると少しくっきり見えると思います。

トリミングしすぎるとボケボケになるのでこれくらい↓がいいかも。

iPhoneで月を撮る

ただし、スマホのズームはあまりキレイじゃないのでさほど期待しない方が良いかも。一応こんな感じに仕上がりました!撮りっぱなしよりは大きくなりましたね。

iPhoneで月を撮る

少しモヤッとしましたが上手くクレーターまで写りました!

まとめ

ということでiPhoneやスマホでも工夫すればクレーターまでなんとか撮れるよね!というお話でした。
*写ったのはクレーターじゃなくて月の模様(海)じゃんと思う方もいるかもしれませんが、月の海の1つ1つは巨大クレーター痕なのでスマホでも一応クレーター模様は撮れてるんですね。もっと詳細に模様を撮りたい方は下に紹介するデジカメを使った撮影をオススメします^^

とはいえかなり無理やり撮っているのでちょっとモヤモヤぼけていますが。。

この辺がスマホの限界といったところでしょうか。

ちなみに一眼レフなどちゃんとしたカメラで撮るとこんなにキレイに撮れます。一眼レフまで行かなくても高倍率のデジカメでも結構キレイに撮れます。普通のカメラで撮る方法はこちらにまとめているので良かったら見てみてくださいね!

満月 スーパームーン 撮り方

満月 スーパームーン 撮り方
studio9関連コンテンツ
2016.11.10
15.09.27
1483シェア
定期的にやってくる月のイベントの2つはスーパームーンとブルームーンでしょうか。中でもスーパームーンは普段よりも月が大きく別のタブで開く
スポンサーリンク
© 2016 studio9. All rights reserved. [more info.]
この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / studio9管理人
studio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。中の人です。 「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー