世界一ステキな写真が撮れる、ただ5つの方法!

カテゴリー:シーン別に撮る / 写真のコツ
自分だって、カメラを買えればきっとあんなステキな写真が撮れるんだろうな~とおもって、いざカメラを買ったはいいけど、ぜんぜん上手に撮れないじゃん。。とお悩みの方にささげる、世界で一番カンタンな、ステキな写真が撮れる方法を5つ後紹介します!
*2013.4.2 追記*
読めばなんだかおかしいなぁ。。と思いますが、投稿日が4/1なので。。w
すべてウソという訳ではないですが、写真はもっと自由に撮っても大丈夫です^^
そのうちアンサーエントリーも書こうと思います☆

写真の大事な約束はたった5つだけなんです!

1.撮りたいものは真ん中に堂々と!

写真はその時の状況や自分の想いを表現するものです。だから、見せたいものは真ん中に堂々と配置することが大事。

よく、見せたいものが中心からズレた写真を目にしますが、あれはもったいないです。

2.ボカした写真は誤魔化し。良い写真は全体にピントを合わせる

よく背景がボケた写真を見かけますが、それは汚いものに蓋をするような誤魔化し写真です。

良い写真と言うものは昔から、画面の隅々までピントが合ったシャープな写真です。

エイプリルフール

3.とにかく、水平、垂直にこだわる

人間の実生活を考えてみてください。そこは基本的に水平、垂直が保たれた世界ですよね?

地面や建物が傾いる写真は人間の脳に潜在的な不安感を与えるのでなかなか伝わりません。なんだかイマイチだなぁと思う写真はだいたい水平、垂直が保たれていません。

エイプリルフール

4.写真はとにかく明るく仕上げる

暗い写真は見る人を引き付けません。とにかく明るく撮る。それが上達への近道です。

露出補正は基本、プラス側で補正。マイナス補正を使うことなんて、めったにありません。

エイプリルフール

5.色は見た目に忠実にすることが何より大事

写真の色を変える設定はホワイトバランスですが、時折、これをあれこれ弄って明らかに現実の世界と異なる色の写真を撮ってしまう人がいます。

大変もったいないことです。

ホワイトバランスは出来れば現場で忠実な色になるよう、マニュアルで設定したいところですが、初心者には敷居が高いかもしれません。そんなときはカメラのオートホワイトバランスを使いましょう。

あれこれ弄って現場の色を損ってしまっては写真の魅力が半減します。

エイプリルフール

以上、ステキな写真を撮るための5つのポイントをご紹介しました。これだけに気をつければあなたも直ぐにプロ並みの写真が撮れるはず!

ぜひ一度お試しください☆

スポンサーリンク
© 2016 studio9. All rights reserved. [more info.]
この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / studio9管理人
studio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。中の人です。 「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー