Godoxのダボ部やボーエンズS型ブラケットのティルトを柔らかく動かせるように改造した話

カテゴリー:工作してみた
GodoxのモノブロックやLEDライトのスタンドに取り付ける部分やボーエンズS型ブラケットのティルトってガタガタとクリック感がある動きをするのですが、デフォルトだとめちゃ固くて動かしにくいですよね。。そこで今回はあの動かしにくいガタガタを和らげるために改造したので手順を紹介します

固くて動かしにくいGodoxのダボ部

GodoxのモノブロックやLEDライトのスタンドに取り付ける部分(ダボの部分。あの部分の名前ってなんて言うんだっけ?)やクリップオンストロボなどを取り付けてBowensマウント化することのできるボーエンズS型ブラケットのティルトってガタガタとクリック感がある動きをするのですが、デフォルトだとめちゃ固くて動かしにくいですよね。。

Godox S型ブラケット ボーエンズ

Godox SL60W

ある程度重量のあるヘッド(+しっかりしたスタンド)の場合はクリック感があっても軽めの力でティルトできるのですが、S型ブラケットにクリップオンを挟んだような軽量ヘッドだと角度調整するのにかなり力が必要で細かな調整がしにくいのです。

そんなわけで今回はあの固いガタガタのティルト部分を柔らかくして、軽く動かせるようにしてみようと思います。めちゃ簡単でスグできますよ。

ティルト部分を分解して削る

やることはいたって簡単です。作業時間は10分もかからないくらい。

ただし、今回の改造は非可逆なので、調整すると元の状態には戻せなくなる点に注意して下さい。また、元に戻せなくなったとかなっても責任は取れないので自己責任でお楽しみ下さいませ。

分解してディスクを取り出す

あのティルト部分がなぜガタガタと動くのかというと、内部にギザギザのディスクが入っていてそれが噛み合っているからです。噛み合っている状態なので固定力は非常に強くメリットもあるのですが、冒頭で述べたように軽い力では動かせないというデメリットもあるのですね。

まずは分解してみましょう。分解と言ってもただ単にハンドルを緩める方向に回していくだけです。

ネジが取れただけではかみ合わせ部分は取ることができないのですが、下図のように2本の溝に合わせた方向に引き抜くと取ることが出来ます。ブラケットによってはここが結構固いモノもあるので怪我に注意しつつ引き抜きましょう。

Godox ボーエンズS型ブラケット 改造

引き抜くとギザギザのディスクがポロッと取れます。

Godox S型ブラケット ボーエンズ

このかみ合わせが強力すぎるので固くなってしまっているため、山を削ってかみ合わせ力を弱くしてあげればOKです。どっちを削っても良いのですが、圧倒的にディスク側を削るのが楽です。

今回は#80の紙やすりを使いました。元々ガタガタしている部品なのでざっくり荒い削り方でぜんぜん問題ありません。紙やすりは100均でも売ってますよ。

Godox S型ブラケット ボーエンズ

紙やすりを机に置いて、ギザギザしている部分を紙やすりにこすりつけて山を削っていきます。ディスクを持つ部分を少しずつ変えながら削ると均等に削れると思います。

削り具合は好みですが、今回はディスク側の山を半分くらい削ってみました。こんな感じ。ディスクは左右2枚あるので同じように削りましょう。

Godox S型ブラケット ボーエンズ
分かりにくいけど、左が削った後、右が削る前

元に戻すときは、分解の逆に収めるだけです。左右のディスクの溝の位置を揃えて本体側に差し込めばOK。

軽くて快適になった!保持力も十分

Godox S型ブラケット ボーエンズ

山半分くらい削るだけでもかなり軽い力で回せるようになり、ガタガタのショックも軽減されました!ハンドルを締めれば従来通りしっかり止まるので保持力も十分だと思います。

完全にツルツルにしてしまうと十分な保持力を得られない可能性があるのでほどほどに。。

まとめ

ということで非常に簡単なDIYでしたが、Godoxのあの固いガタガタが苦手な人はちょっと削って柔らかくしてみると良いでしょう。とても快適に使えるようになりますよ!

今回はS型ブラケットを紹介してみましたが、手持ちのGodox SL60W(モノブロック型LED)のダボ部分も同じ構造だったので同じ対策が行えると思います。

ちなみに、上記写真にあるGosox AD200が取り付けられているS型ブラケットはもう一つ改造を施しています。非常に簡単な改造なのでこれはまた近日中に紹介予定。

記事公開しました!AD200がしっかり奥まで固定できるようにしています

Godox S型ブラケット ボーエンズ 改造
studio9関連コンテンツ
2018.01.13
18.01.13
昨年の発売以来ストロボユーザーに大人気なのがGodoxのAD200。コンパクトながら非常にパワフルなバッテリーストロボで別のタブで開く

今年はライティング機材をコンパクトにしていこうかなと思っています。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / studio9管理人
studio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。中の人です。 「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ
© 2018 studio9. All rights reserved. [more info.]

studio9の本が発売!

studio9が本になった「写真のことが全部わかる本」が3/16に発売になるのでちょっと中身を紹介します!

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー