著者紹介:北村 智史

北村 智史

北村 智史 / 専門ライター

ライター
著者のWebページ:https://doyacame.net/

1962年滋賀県生まれ。地方の国立大学を中退後、カメラ好きが高じてバブル全盛期に新宿のカメラ量販店に勤務。稼ぎの大半をカメラにつぎ込むというバカっぷりをさらしつつ、身につけた知識と経験を生かしてカメラ専門誌に寄稿を開始。その後、編集者兼ライターとしてキャリアを積む。現在はカメラ専門誌などでおもにカメラや交換レンズ、アクセサリーについての記事を執筆するのをなりわいとしている。最初に買ったカメラはオリンパスのOM-2N。使ったことのあるフォーマットは、APS、35mm判、6×4.5cm判、6×6cm判、6×7cm判、4×5in判、8×10in判。

北村 智史 の記事 (2記事)

レンズ名の読み方

レンズのギモン 写真のギモン

2018/1/16

【保存版】ややこしいレンズの名前とスペックの関係を10メーカーぶんまとめたよ!

レンズの名前には意味がよくわからない記号がいっぱい混じっていて、まるで暗号みたいですよね? でも、その記号のひとつひとつにはちゃんと意味があって、記号の意味を読み取っていくことで、そのレンズのタイプやクラス、機能などがわかるようになっているのです。つまり、レンズの記号を知れば、名前を見ただけで、そのレンズがどういうレンズなのかがわかるわけです。 レンズの名前にはよくわからない記号がいっぱい レンズの名前には、焦点距離や開放F値といった基本スペックのほか、機能やクラス、タイプなどをあらわす記号が含まれていま ...

初心者こそRAWで撮るべき10の理由

RAW現像、レタッチ RAW現像、レタッチのギモン 写真のギモン 写真のコツ 寄稿記事

2017/12/4

良い写真を残したいなら初心者こそRAWで撮るべき10の理由をまとめた!

RAWは経験豊富な上級者やプロカメラマンが使うもの、って思い込んでいませんか? でも、ほんのちょっぴりの知識を身に付けさえすれば、RAWはむしろJPEGよりも撮影が楽ですし、撮影時の失敗をリカバーする能力も高いです。つまり、一眼レフやミラーレスカメラを使いはじめたばかりの初心者のほうがRAWで撮るメリットが大きいのです。その理由をここでお教えしましょう。 初心者こそRAWで撮るべき? 多くのガイドブックにはJPEGで撮るのが基本であるかのように書かれていますし、たいていのカメラの初期設定はJPEGです。 ...

Copyright© studio9 , 2019 All Rights Reserved.