studio9監修のカメラバッグEnduranceシリーズ好評発売中!詳しくはコチラの記事をどうぞ!

アクセサリ使いこなし 写真のコツ 寄稿記事

「三脚のローアングルは低けりゃいい」は大間違い!低位置から快適に撮影する方法まとめ

投稿日: by 北村 智史

たいていの三脚にはローアングル撮影のための機能が備わっていますが、使ってみるとあまり便利じゃないことも多いです。と言って、専用の小型三脚を買うほどローアングル撮影の機会は多くない。そんな方にこそ試してほしいちょっと変わったローアングルセッティング法を紹介します。

三脚 ローアングルセッティング

ローアングルで撮りたいシーンはそれほど多くない

草花などを専門的に撮る人ならローアングル専用の三脚を持っているかもしれません。

でも、花を撮るのはたまにだけ、という人にとっては使用頻度が低いのがわかりきっているローアングル専用の三脚を買うのはためらわれるでしょう。

ワタシ個人もローアングルで撮ることはそう多くないのでローアングル専用の三脚は持っていません。三脚は小さなものでもそれなりにかさばりますし、重さも無視できません。

それこそ、今日はチューリップを撮るぞ、と決めて出かけるときでもなければ、買ったとしても持ち出さない可能性のほうが高いでしょう。

と考えると、普通の三脚でローアングルも兼ねられるほうがありがたいわけです。そこで今回は普通の三脚でも使えるローアングル(ローポジション)撮影の方法について紹介します!

現行三脚のローアングル機能について

さて、一般的なサイズの三脚でローアングルにするには脚を開きますが、そうするだけだとセンターポールが地面につかえてしまいます。

もちろん、そうなっては話になりませんから、なんらかの対策が必要になります。現行の三脚でローアングルにする手法は、おおまかに以下の4タイプに分類できます。

  • ローアングル用アダプターに交換するタイプ
  • センターポール下部を取り外すタイプ
  • 脚を開くだけのセンターポールレスタイプ
  • センターポールが倒せる特殊タイプ

このうち、センターポール下部を取り外すタイプは、あまりカメラ位置を低くできないものが多い傾向があります。

ワタシが所有している三脚ではスリック カーボンマスター814 PRO IIがこれに当たりますが、ジッツオのオフセンターボール雲台G1275MとKIRKのアルカスイス互換クランプを組み合わせた状態での最低地上高は32cmほど。

三脚 ローアングルセッティング

スリック カーボンマスター814 PRO IIはセンターポールの下部パイプを外して開脚することでローアングルになります。ジッツオ オフセンターボール雲台との組み合わせでの最低地上高は32cmほどです

後継となる現行モデルのカーボンマスター834(3ウェイ雲台が標準装備されています)も同じく32cmです。

比較的背の高い菜の花やコスモスなどを撮る分には問題ないかもしれませんが、背の低い花だと見下ろすアングルでしか撮れません。

高さを変えられるかどうかが大事

ほかの3タイプはと言うと、低さの面では有利になる一方、カメラの高さが固定されてしまうのが泣きどころです。

これもワタシが使っているマンフロット190Tのアルミ3段モデルとXPROボール雲台(Q6付き)の組み合わせだとセンターポールを倒して脚を開くと地上13cmの低さにカメラをセットできます。

三脚 ローアングルセッティング

マンフロット190T(アルミ3段)はセンターポールを水平にして開脚することでローアングルになります。XPROボール雲台との組み合わせでは13cmほどの低さです

三脚 ローアングルセッティング

レオフォト レンジャーLS-255Cはセンターポールレスなので脚を開くだけでローアングルになります。標準装備の雲台LH-30との組み合わせでの公称の最低地上高は14cmです

ただし、高さは固定。動かせません。なので、あと3cmぐらい高くしたい!というときには役に立たないのです。

遠景ならまだしも、近接で花などを取るようなシーンでは、前ボケや後ボケになる要素を画面のどこに配置するか考えながらカメラの位置を決めないといけません。そうすると、13cmでばっちり、なんてことのほうがまれですから、ぶっちゃけ、低けりゃいいってもんじゃない!というわけです。

つまるところ、近接でのローアングル撮影のための三脚には高さ調整ができることが不可欠なのであって、高さを変えられないのではだめなのです。

最低地上高と撮影結果の比較

三脚 ローアングルセッティング

最低地上高約32cmのとき。スリック814 PRO IIはローアングルにしてもあまり低くなってくれません。床に置いたミニカーだとかなり見下ろすアングルとなります

三脚 ローアングルセッティング

最低地上高約13cmのとき。こちらはマンフロット190Tのローアングルで撮ったカットです。スリックのに比べればぐっと低くなりますが、それでもまだ低さは物足りなく感じますし、ここから高くすることができないのも不便です

三脚 ローアングルセッティング

このあと紹介するセッティングで撮ったのがこちら。床すれすれの低さにできて、しかも高さの調整も可能です

センターポールを逆向きにしてローアングルにする方法

さて、ここからが本題。

普通の三脚で地上すれすれのローアングル(ローポジション)かつ高さ調整も可能なセッティングを紹介します。

簡単に言うと、センターポールの上下を逆にして、雲台を下側に吊り下げることでローアングル化する手法です。これだと雲台が地面に接触する低さにもセットできますし、センターポールをスライドさせることで高さの調整も可能になります。

センターポールが2分割にできるタイプの場合

ここではスリック カーボンマスター814 PRO IIで説明します。この三脚はセンターポールが2分割式になっていて、下部パイプを取り外すことでローアングルにします。

手順としては、まずセンターポールの下部パイプを外して、

三脚 ローアングルセッティング

抜いたセンターポールを下から差し込み、

三脚 ローアングルセッティング

外した下部パイプをつなぎなおす。

三脚 ローアングルセッティング

という流れです。

あらかじめ脚は開いておくと作業しやすく、センターポールの上部を差し込むときに落とさないようしっかりロックしてください。

センターポールレスタイプの場合

こちらはレオフォト レンジャーLS-255Cで説明します。このシリーズの三脚にはベース部分の下側にウエイトフックなどを吊り下げるためのネジ穴があり、ここに付属の延長ポールをつないで雲台を付け替えることでローアングルにできます。

三脚 ローアングルセッティング

レオフォトLS-255Cに付属の延長ポールです。2段式で長さは20〜32cmあります

本来はこの延長ポール、下の写真のように三脚と雲台のあいだにはさんで高さをかせぐために使います。

三脚 ローアングルセッティング

延長ポールを逆付けすればOK(要アダプター)

これを逆に接続すれば低い位置にカメラをセットできるのですが、レオフォトLS-255Cの場合残念ながら直接接続することは出来ません。ただし、ネジの変換アダプターを別に用意すれば接続できるようになります。ワタシはライトスタンドのダボというアダプターのパーツを流用しました。

三脚 ローアングルセッティング

ダボはライトスタンドに照明機材を取り付けるためのもので、大手量販店などでは1,400円ほどで売られています

 

三脚 ローアングルセッティング

このタイプのダボはネジ部分が取り外し可能で、ここで使用するのは左側の変換アダプターです

必要な部品は1/4-3/8インチ オス-オスの変換ネジ部分です。未検証ですが下の商品でも大丈夫だと思います。

レオフォト純正でCF-6という大小ネジ変換アダプターがありますが、こちらはストラップホール部が三脚側に干渉するためそのままでは使えませんので注意してください。

三脚 ローアングルセッティング

レオフォトにも同様の変換アダプターがありますが、ストラップホール部が途中でぶつかってしまうため使えません

レオフォトLS-255Cセンターポール逆付け方法

LS-255Cの延長ポールを逆付けする方法は以下の通りです

1.脚を開いた状態で裏返す

三脚 ローアングルセッティング

2.三脚の下側に変換アダプターをネジ込む

三脚 ローアングルセッティング

3.延長ポールを接続する

三脚 ローアングルセッティング

4.雲台を延長ポールに付け替える

三脚 ローアングルセッティング

やはり脚は開いて、必要に応じて少し伸ばしておくと作業しやすいです。

なお、強くネジ込んでしまうと、変換アダプターが外せなくなる可能性があります。と言うか、ワタシのは延長ポールから外せなくなりました。なので、自己責任でお試しください

こうして延長ポールの伸縮幅を利用すれば地面スレスレの高さから撮影ができます。

三脚 ローアングルセッティング

L字プレートを装着していればカメラを逆さまにする必要もなくなります(後述)

延長ポールの長さを変えれば高さを変えられます。脚を伸ばせばさらに高くもできます。

三脚 ローアングルセッティング

それ以外のタイプの場合

前記以外のタイプでも、ジッツオ トラベラーシリーズやマウンテニアシリーズ、レオフォト アーバンシリーズのようなセンターポールが引き抜けるタイプはセンターポール2分割タイプと同様に上下逆挿しにできます。

また、ベルボン プロフェッショナル・ジオV、同Nシリーズなどのギア式エレベーターを搭載したタイプは雲台をセンターポール下端に付け替えるだけでOKです。

三脚 ローアングルセッティング

ギア式エレベーターを持つ三脚はセンタポールの下端にネジがあるものが多く、そのタイプなら雲台を取り付けてローアングル化できます

センターポール逆挿しのメリットとデメリット

いちばんのメリットは前述したとおり、地面すれすれの低い位置にカメラをセットできること。かつ、高さの調整が可能なことです。

また、脚を広げなくていいので設置面積が狭くなるほか、被写体との距離も短くしやすいメリットもあります。

反面、脚パイプがカメラの操作の妨げになるのが面倒なのは難点です。また、強度や剛性が落ちるせいでブレやすいので、シャッターを切る際には慎重にならないといけません。センターポールのロックをゆるめたときにカメラや雲台が地面に激突する怖れがある点にも注意が必要です。三脚使用時のブレはこちらの記事も参考にしてみてください。

三脚撮影時のブレ対策
studio9関連記事
2020.04.24
20.04.24
夜景などのスローシャッターを使うシーンや構図を先に決めてタイミングを待つようなシーンで活躍する三脚。写真を撮るうえでは役別のタブで開く

また、横位置でカメラの上下が逆さまになるのも厄介です。撮影自体は可能ですが、カメラの操作はかなりやりづらくなります。

三脚 ローアングルセッティング

センターポールのロックを不用意にゆるめるとカメラが地面にぶつかってしまう場合があります

三脚 ローアングルセッティング

普通に取り付けるだけだと横位置でカメラの上下が逆さまになってしまいます。撮れなくはないですけど、使い勝手は悪いです

カメラを上向きに取り付けられるようにすると楽

ただし、ジッツオのオフセンターボール雲台やLプレートを使用すれば横位置でも上下逆さまになりません。快適なローアングル撮影のためにもこれらの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

三脚 ローアングルセッティング

ジッツオのオフセンターボール雲台は特殊な構造をしているので、横位置でも普通の向きにセットできます。雲台だけだと完全に水平にはできないので、三脚側で傾けないといけませんが、地上9cm程度のローアングルにできます

写真は旧型のG1275M。現行品はGH2750です。ジッツオのオフセンターボール雲台については以下の記事もどうぞ。

GITZO 雲台 オフセンターボール 2型 GH2750

GITZO 雲台 オフセンターボール 2型 GH2750

27,727円(11/27 21:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

カメラにL字プレートを装着し側面を掴むことでも正位置でカメラを固定できるようになります。

三脚 ローアングルセッティング

アルカスイス互換のLプレートを使えば、横位置でも普通の向きにセットできるうえ、地面すれすれの低さにもできます

作例

レオフォトLS-255Cの標準のローアングル状態を横から見るとこのような感じです。低いですがテーブルに置いた花に対してはまだ高い状態。もっと下げたいこともあるでしょう。

三脚 ローアングルセッティング

レオフォトLS-255Cの標準のローアングル状態です。それなりに低くできますが、この状態から高さを変えることができないのが不便です

三脚 ローアングルセッティング

標準のローアングル状態(上の写真の状態)で撮影したもの

延長ポール逆付けで地面スレスレから狙えるようになりました。

三脚 ローアングルセッティング

延長ポールを使っての地面すれすれのセッティングです

普通の使い方と比べると見える世界がまったく違ってくるということが分かります。

三脚 ローアングルセッティング

地面すれすれの低さから撮影したもの。背景の入り方がだいぶ変わります

ポールを縮めれば標準の最低地上高と同じくらいの高さに調整する事も可能です。

三脚 ローアングルセッティング

延長ポールを縮めたセッティングです。標準のローアングルに近いアングルとなります

三脚 ローアングルセッティング

延長ポールを縮めた高めセッティングで撮影したものです

 

まとめ

繰り返しになりますが、三脚のローアングルセッティングで大事なのは、

  • 高さをなるべく低くできること
  • 高さの調整ができること

という2つの要素です。

ローアングルが得意と言われている三脚でもこの両方を満たすものはほとんどないのが実情です。しかし、普通の三脚でも部品を組み替えたり、アクセサリーなどを併用することで地面すれすれのローアングルを実現でき、なおかつ高さの調整も容易に行なえるのです。

すべてのタイプの三脚に当てはまるわけではありませんが、お使いの三脚が該当するタイプであれば、やり方を覚えておいて損はないと思います。

イチオシの記事
1 Endurance 比較

プロカメラマン監修のカメラバッグ”Endurance”全製品の特徴や選び方を開発者が紹介するよ!!

カメラバッグ沼に陥っていた私が、「ぼくのかんがえたさいきょうのカメラバッグ」として作ったのがEndurance カメラバッグシリーズです。現在販売しているバッグやアクセサリ全種類の特徴とおすすめの選び方を開発者である私がご紹介してみます! 自分の理想とするカメラバッグがいくら探してもない。。とカメラバッグ沼に陥っていた私が、「ぼくのかんがえたさいきょうのカメラバッグ」として作ったのがEndurance カメラバッグシリーズです。 一番はじめに出た「Endurance カメラバッグ」では他の人が使う事なんて ...

2 Amazonブラックフライデー&サイバーマンデーセール

Amazonブラックフライデー&サイバーマンデーセールのカメラ関係お得商品と買ったものまとめ【随時更新中】

このまえAmazonプライムデーのお祭りがやってきたと思ったら今度はブラックフライデーとサイバーマンデーセールの合体セールです!ブラックフライデーセールはおそらく日本では初めて?そんなわけでカメラ関係のお得商品をまとめてみました。随時更新中ですよ! Amazonのビッグセールでお得に買おう! 27日9:00からAmazonにてブラックフライデーとサイバーマンデーセールの合体セールが開催中です!先月のプライムデーはGODOX祭りで話題になったカメラ界隈ですが、今回のセールもカメラ関係結構いいやつがセールにな ...

3 写真のことが全部わかる本

studio9が本になった「写真のことが全部わかる本」が3/16に発売になるのでちょっと中身を紹介します!

2012年から写真に関するTIPSやレビューなどいろいろ取上げてきたstudio9の内容が入門者向けに1冊の本になりました!バラバラに散らばってきた内容が習熟度に合わせて順番に読み進められるようにまとまり、studio9で取上げていないテーマなども含めてほぼ全編で書き下ろしして再構成しました。3/16に発売となりますが一足先に中身をちょこっと紹介してみようと思います! studio9が本になったよ! 2012年ごろから私、中原一雄が写真の撮り方に関するTIPSやレビューなどいろいろ取上げてきたstudio ...

4 写真管理環境

カメラマンが教える、快適な写真編集向けパソコン環境とは?![Lightroom, Photoshop]

デジタル写真を高いレベルで扱うにはそれなりに高機能なスペックのパソコンが必要です。この「それなり」というのが意外と難しいところ。写真を快適に扱うために適したパソコンのスペックって何??という方向けに、オススメのPCスペックとデータを安全に運用するための方法についてまとめました。結構長めです。 写真編集に快適なパソコンを選びたい デジタル写真の完成度はカメラの撮影で5割、後の編集で5割くらいの比率で重要だと思っている私です。そんなに編集しないよという人でも大量の写真を管理するならパソコンは必要です。でも、現 ...

-アクセサリ使いこなし, 写真のコツ, 寄稿記事

この記事を書いた人
北村 智史
北村 智史 / 専門ライター
カメラ専門誌などでおもにカメラやレンズ、アクセサリーなどについての記事を執筆するのをなりわいにしているフリーライターです。 北村 智史のプロフィールページ

© 2020 studio9