studio9監修のカメラバッグEnduranceシリーズ好評発売中!詳しくはコチラの記事をどうぞ!

Review カメラ・レンズ 雑記とか作品とか

PHOTONEXT(フォトネクスト)2012に行ってきたので、軽くメモ。

投稿日: by 中原 一雄

PHOTONEXT(フォトネクスト)2012に行ってきました!イベント自体は商業寄りなのですが、普通の人にも役立ちそうな情報を忘れないうちにメモしておきます。

日本最大級のフォトビジネスフェア

写真関係のフェアといえば、CP+(シーピープラス)が有名ですが、PHOTONEXTは写真関係の中でも写真館、写真スタジオといった商業写真向けに特化したフェアです。

出展社もアルバムメーカーや衣装メーカーが結構多いわけですが、キヤノン、ニコンといった大手メーカーの出展もたくさんあるので新製品や気になってた製品をたくさん触れるチャンスがあり、結構いい情報収集ができます。

商業写真向けとはいっても、一般の人の入場も可能ですし、入場無料なのでハイアマチュアの方なんかにはかなり楽しめるイベントじゃないかと思います。

商業向けのイベントだけあって平日開催というのが一般の人には痛いところではありますが。。

気づいた点をメモ

ちょっと気になった点をメモしてみます。ホントにメモ。箇条書きです。

キヤノンブース

ようやく発売となったEOS 1DXですが、まだ触ってなかったので触ってきました。まず驚いたのはAFの速さ。なんかもう瞬間移動な感じでした。びっくり!

レンズは普段使っている24-105mm F4Lを付けてもらいましたが、すごく速い。同じAFユニットを搭載しているお隣の5DMkIIIと比べてみてもすぐ体感できるぐらい。お兄さんいわく、AFユニットにDIDIC4を搭載しているのが効いていると。欲しくなりましたw

うわさの12連射も体験。かなりスムーズに連射してくれてます。よくこのスピードでミラーを制御できるよなーと関心。12連射なんてめったに使うことはないですがね。。

新型の24-70mmIIもちょっとだけ触ってきました。見た目すごくコンパクトになった印象。フィルター径が大きくなった反面、長さが短くなっているからかな?重さも140gも軽量化されているので一日振り回すのにはいい感じかも。でもデザインは前の型のほうがカッコいいかなーw画質面に関しては詳しく比較できるものがないので割愛。

ニコンブース

ほとんど使ってないので正直、使用感などはピンときませんw D4の連射も体験してみましたが、こちらもスムーズ。ニコンのシャッター音が好きです。あいかわらずファインダーも見やすいしね。

D800に関してはもういろんな情報が出まくっているので特に言うことありませんが、先日のセミナー含めて、関係者が口々に訴えるのは「3600万画素を生かすには、高解像度のレンズです。」ということ。D800の説明だったのが気づいたらレンズの説明になってたりw

本体があれだけ安いのですが、本体は安く売り、レンズで儲ける新しいビジネスモデルなのかも?

Drobo

聞きなれない名前だと思いますが、ハードディスクのRAID構築マシンです。この製品、前から気になってたので実機を見てきました。

最近の高画素化に伴って、RAWで撮ってたりすると1回の撮影で数十GBになることも珍しくありません。そうするとテラバイトクラスのHDDもすぐいっぱいになってしまうし、バックアップもとらないといけないしで、撮影後のファイル管理が大変だったりします。

そこでRAID5というのがひとつの選択肢になってくるのですが、RAID5ってすべて同じHDDでそろえないといけないため、いざHDDが故障したときに同じHDDが入手できるの?という問題があります。Droboは独自の"Beyoud RAID"というものを搭載しており、容量もメーカもすべてバラバラなHDDを使うことが可能。HDDの抜き差しもすんごく簡単そうだったし、思ったよりよさげ。USB3.0対応機種も出てきたのでちょっと試したいかなーとも思ったり。要検討。

花井達氏セミナー

ウェディングフォト界で最近注目されてる(今回まで知りませんでした。。すみません)若手フォトグラファー。立ち見が出るほど人気でした。なんとなくかなりイケイケな人なのかなーと思っていたらかなりおっとりした方でしたw

私もウェディング撮るときは新郎新婦中心のベタベタな写真にならないようにかなり気を付けているのですが、花井氏の写真はとっても参考になりました。驚いたことに24-70mmはほとんど使わず、16-35mmを使うとのこと。広角を積極的に使うのは結構勇気がいるんですが、今後は積極的に広角側も使っていきたいなーと思わせてもらったセミナーでした。

披露宴やパーティーを撮るときは望遠系で安易に抜きにいくことがあるのですが、それだけの写真って後で見返したときにその一枚から情景を思い出しにくいんですよね。

「この写真を誰に、いつ、どんな時に見てもらうのか?」ということをしっかり考えながら撮影するのが非常に重要。

アウトレットコーナー

目立たないところにアウトレットコーナーというブースがありまして、あまり期待せずちょっと中を覗いてみたのですが、ちょいちょいとんでもない掘り出し物が眠ってますw

Instagramにも上げましたが、ヴァンガードのAlta+ 264APという三脚を衝動買いしました。。アルミ4段の中級クラスの三脚。定価33,075円、Amazonで今日現在18,180円のモノがなぜか6,000円!たまに動画も撮ることあるので、オイルフルードの雲台いいなーと思っていた矢先だったので気づいたら買ってましたwこの値段、雲台すら買えない値段なのに大丈夫かよ?っていまさら不安になってきました。。まだ未使用ですが、使ってみたらレビューしようかと思います。ほかにもカーボン三脚が12,000円くらいで売ってたりしてちょっとびっくり。

---

こんなところかな?

ほかにも照明関係やプリント関係も面白そうなものがいろいろ出展されてましたが、ちょっとマニアックすぎるので割愛します。。

ホントにメモだけですいません。

そういえば、今回のフェアとは関係ないですがようやくLightroom4がCreativeCloudに入りましたね!夏ごろと聞いていましたが思ったより早かったようです。これも試してみなきゃ!

イチオシの記事
1 Endurance 比較

プロカメラマン監修のカメラバッグ”Endurance”全製品の特徴や選び方を開発者が紹介するよ!!

カメラバッグ沼に陥っていた私が、「ぼくのかんがえたさいきょうのカメラバッグ」として作ったのがEndurance カメラバッグシリーズです。現在販売しているバッグやアクセサリ全種類の特徴とおすすめの選び方を開発者である私がご紹介してみます! 自分の理想とするカメラバッグがいくら探してもない。。とカメラバッグ沼に陥っていた私が、「ぼくのかんがえたさいきょうのカメラバッグ」として作ったのがEndurance カメラバッグシリーズです。 一番はじめに出た「Endurance カメラバッグ」では他の人が使う事なんて ...

2 GODOXクーポン

Godox製品をお得にゲットしよう!studio9限定クーポン情報を紹介するよ!

私も愛用しているGODOXの照明機材達ですがGODOXさんからstudio9の読者さま向けに割引クーポンを発行して頂けることになりました!不定期で対象機材が入れ替わりますのでぜひチェックしてみて下さいね! 読者向け特別クーポン発行中! 私も愛用しているGODOXの照明機材達。あまりに便利すぎて(あとコスパ良すぎて)、普段使用しているクリップオンストロボ、モノブロック、LEDライトはほぼGODOXに統一されてしまったほど。 この度、GODOXさんからstudio9の読者さま向けに割引クーポンを発行して頂ける ...

3 写真のことが全部わかる本

studio9が本になった「写真のことが全部わかる本」が3/16に発売になるのでちょっと中身を紹介します!

2012年から写真に関するTIPSやレビューなどいろいろ取上げてきたstudio9の内容が入門者向けに1冊の本になりました!バラバラに散らばってきた内容が習熟度に合わせて順番に読み進められるようにまとまり、studio9で取上げていないテーマなども含めてほぼ全編で書き下ろしして再構成しました。3/16に発売となりますが一足先に中身をちょこっと紹介してみようと思います! studio9が本になったよ! 2012年ごろから私、中原一雄が写真の撮り方に関するTIPSやレビューなどいろいろ取上げてきたstudio ...

4 写真管理環境

カメラマンが教える、快適な写真編集向けパソコン環境とは?![Lightroom, Photoshop]

デジタル写真を高いレベルで扱うにはそれなりに高機能なスペックのパソコンが必要です。この「それなり」というのが意外と難しいところ。写真を快適に扱うために適したパソコンのスペックって何??という方向けに、オススメのPCスペックとデータを安全に運用するための方法についてまとめました。結構長めです。 写真編集に快適なパソコンを選びたい デジタル写真の完成度はカメラの撮影で5割、後の編集で5割くらいの比率で重要だと思っている私です。そんなに編集しないよという人でも大量の写真を管理するならパソコンは必要です。でも、現 ...

-Review, カメラ・レンズ, 雑記とか作品とか

この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / カメラマン・中の人
普段はカメラマンとして活動しながらstudio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

© 2021 studio9