キーワード:"機材選び" が付いている記事

RRS L字プレート BA9-L Set
α9、α7シリーズを使っている人の多くが悩んでいる小指あまり問題。ボディを小型、軽量化したのは良いのだけどグリップ時のホールド性が犠牲になって、レンズの重みと相まりかえって重く感じるという謎仕様。この...
続きを読む
MIDI2LR nanoKONTROL2
Lightroomの現像パラメータは様々な種類があり、その一つ一つをマウスを使いながら調整しなければなりませんが、これらを専用の物理ノブ(つまみ)やスライダーでグリグリ調整出来たら楽しそうですよね。と...
続きを読む
QFA 747-400 at SYD
飛行機の撮影をしようとカメラを向けてみたら米粒くらいの大きさにしかならずガッカリとしたことがある人も多いでしょう。飛行機の撮影は専門性の高い分野なので普通の街のスナップ撮影とは機材の選び方や撮影方法が...
続きを読む
ストロボを使うとき、意外と忘れがちなのがストロボの光にも色があるということです。光にはみな色があるのです。ストロボを使う環境の光とストロボの光の色がバラバラだと色が定まらない残念な結果になってしまうこ...
続きを読む
移動の多い海外旅行などではなるべく荷物を減らしたいもの。でも、普段からカメラを趣味にしている人なら旅先の情景もなるべく良い状態で撮りたいというジレンマを感じることもあるでしょう。スマホがあればコンデジ...
続きを読む
スポンサーリンク
外付けHDDとNASの違い
デジカメは手軽に何枚でも撮影出来る反面、気がつけばものすごい容量の写真を撮影しており管理しきれない。。といった事になっている方も多いでしょう。特に、一眼レフやミラーレスカメラでRAW撮影しているとTB...
続きを読む
昨年(2016年)10月に発売したstudio9の独自設計で製作したEnduranceカメラバッグですが、おかげさまで大変好評をいただきたくさんの方にお使い頂いてきました。初代Enduranceは大容...
続きを読む
名入れホットシューカバー F-Fotp
悩み抜いて購入したお気に入りのカメラは自分だけのオリジナルカスタマイズをしてみたいですよね。でも、カメラの外観をカスタマイズするって以外と敷居が高いのです。今回は誰でもすぐにできるお手軽なホットシュー...
続きを読む
Sony α9
ついにSony α9が発表になりました。2400万画素のフルサイズ積層型センサーを搭載し、連写は秒間20コマ。連写中のブラックアウトがなく、AFは毎秒60回の演算を行い、電子シャッターを使用することで...
続きを読む
写真管理環境
デジタル写真を高いレベルで扱うにはそれなりに高機能なスペックのパソコンが必要です。この「それなり」というのが意外と難しいところ。写真を快適に扱うために適したパソコンのスペックって何??という方向けに、...
続きを読む
AW130
カメラは水濡れ厳禁が基本ですが、コンデジなら防水タイプのモデルもいくつか存在します。これから暖かくなって海や川で大活躍しそうなカメラがNIKON AW130。水深30mまでOKのガチな防水コンパクトデ...
続きを読む
スポンサーリンク

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー

Amazonでお買い物

Amazon.co.jpロゴ