studio9監修のカメラバッグEnduranceシリーズ好評発売中!詳しくはコチラの記事をどうぞ!

シーン別に撮る 写真のコツ 雑記とか作品とか

三度目の正直でようやく見れた!僕の富士山写真登山記。御来光編 Part 2

更新日: by 中原 一雄

富士山に登ってきました!
前回は朝の始め(Blue Hour)から御来光までをご紹介しましたが、今回は御来光からちょっと日が高くなってからの透き通るような青空を写真多めでご紹介します!

あと300mも登らなきゃ。。

前回は8合5勺(3,450m)で感動のご来光の様子をお届けしたワケですが、そこからぐんぐんと日は昇り、すぐに透き通るような青空が出てきました!

標高が高いから、青の色も濃いです。

富士山(御来光)

EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L  IS USM / 28mm f10

4時59分。まずは御来光。雲海がオレンジ色に染まりました。

前回の最後にTone Compressorをかけた類似カットを紹介しましたが、こちらはTone Compressorはなし。RAW現像のみです。比べてみると、Tone Compressorをかけたほうが雲のディティールはしっかり表現できている感じですね。

でもRAWだけでもここまで持ってこれるということです。

富士山(御来光)

EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L  IS USM / 60mm f10

5時8分。上記の写真から10分ほど経過。雲海がほんのりピンク色に染まってますね。

御来光も終わったということで、頂上を目指します!ここはまだ8合5勺。なんと頂上まであと300mも登らないといけないのです。。w

8合5勺から頂上までの道は御来光前から大渋滞して大変ですが、御来光が終わってからは比較的空いてきます。

メインの目的を達成してしまったので、あとはのんびり(ここまでものんびりだったけどw)頂上を目指すだけ。

富士山(頂上付近)

EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L  IS USM / 24mm f11

9合目。もうあとちょっとなんだけど、その後ちょっとがしんどいのよね。。

それにしてもホントに空が青い。せめてC-PLフィルタくらい持ってくるべきだったと反省。。青みの彩度を上げ気味で現像しています。

Lightroom(Camera RAW)で空の青みを増すときは、"自然な彩度"を上げるといいです。これだけでかなり空が鮮やかになります。もっとポジフィルム(リバーサル)で撮ったような濃い青を表現したいなら、HSLの項目でブルーを中心に、アクア、パープルのチャンネルの彩度を上げ、輝度を下げるとOKです。

富士山(頂上付近)

EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L  IS USM / 50mm f11

下界の雲海に、太陽が光のカーテンを作ります。

美しいですね。

富士山(頂上付近)

EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L  IS USM / 80mm f11

なんだか熊野にある獅子岩っぽくないですか?あちらは海。こちらは空。

富士山(頂上)

EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L  IS USM / 28mm f10

ようやく頂上!おつかれさまでした!

途中じっくりご来光を見たりした関係で、出発から8時間半。確かに疲れましたが、今までの富士登山の中では一番ラクだったかも。マイペースで登るっていうのが大事ですね!

富士山(頂上)

EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L  IS USM / 28mm f10

これでラストにしましょう。頂上からの一枚。

日本で一番、宇宙に近いところから撮った空。気持ちいいほどの青空ですね!レンズフレアもいい感じに入ってくれました☆

---

その後はビールで乾杯。気圧が低いせいか泡がとっても滑らか。山ビールは最高ですw

下りはただひたすら単調な砂利道を下り続ける、簡単なお仕事です。上からキレイな雲海が見れたってことは、下りは途中から雲の中って事なわけで、写真はほとんど撮りませんでした。頂上付近で撮っただけでおなかいっぱい。

それと、富士山の下りは特に砂埃が多いので、カメラにとっては非常に過酷な環境です。防塵カメラでなければできればバックの中に入れておいたほうがいいと思います。

レンズの中にチリが入ったり、カメラのダイヤルがジャリジャリするので大変。もちろん、そんな中でレンズ交換するのはやめたほうがいいです。

---

ようやく念願の富士山御来光が見れたので大満足なのですが、どうやら今週末も富士山に登ることになりそう。。w

つくづくドMな私です。またいい写真が撮れたらこちらで紹介しますね。Twitterでも実況中継します♪

---

*関連エントリー*
三度目の正直でようやく見れた!僕の富士山写真登山記。御来光編 Part 1
中四日で富士山に登ったら、またスゴイ御来光を見れたので写真をUP。

 

イチオシの記事
1 Endurance 比較

プロカメラマン監修のカメラバッグ”Endurance”全製品の特徴や選び方を開発者が紹介するよ!!

カメラバッグ沼に陥っていた私が、「ぼくのかんがえたさいきょうのカメラバッグ」として作ったのがEndurance カメラバッグシリーズです。現在販売しているバッグやアクセサリ全種類の特徴とおすすめの選び方を開発者である私がご紹介してみます! 自分の理想とするカメラバッグがいくら探してもない。。とカメラバッグ沼に陥っていた私が、「ぼくのかんがえたさいきょうのカメラバッグ」として作ったのがEndurance カメラバッグシリーズです。 一番はじめに出た「Endurance カメラバッグ」では他の人が使う事なんて ...

2 Amazonブラックフライデー&サイバーマンデーセール

Amazonブラックフライデー&サイバーマンデーセールのカメラ関係お得商品と買ったものまとめ【随時更新中】

このまえAmazonプライムデーのお祭りがやってきたと思ったら今度はブラックフライデーとサイバーマンデーセールの合体セールです!ブラックフライデーセールはおそらく日本では初めて?そんなわけでカメラ関係のお得商品をまとめてみました。随時更新中ですよ! Amazonのビッグセールでお得に買おう! 27日9:00からAmazonにてブラックフライデーとサイバーマンデーセールの合体セールが開催中です!先月のプライムデーはGODOX祭りで話題になったカメラ界隈ですが、今回のセールもカメラ関係結構いいやつがセールにな ...

3 写真のことが全部わかる本

studio9が本になった「写真のことが全部わかる本」が3/16に発売になるのでちょっと中身を紹介します!

2012年から写真に関するTIPSやレビューなどいろいろ取上げてきたstudio9の内容が入門者向けに1冊の本になりました!バラバラに散らばってきた内容が習熟度に合わせて順番に読み進められるようにまとまり、studio9で取上げていないテーマなども含めてほぼ全編で書き下ろしして再構成しました。3/16に発売となりますが一足先に中身をちょこっと紹介してみようと思います! studio9が本になったよ! 2012年ごろから私、中原一雄が写真の撮り方に関するTIPSやレビューなどいろいろ取上げてきたstudio ...

4 写真管理環境

カメラマンが教える、快適な写真編集向けパソコン環境とは?![Lightroom, Photoshop]

デジタル写真を高いレベルで扱うにはそれなりに高機能なスペックのパソコンが必要です。この「それなり」というのが意外と難しいところ。写真を快適に扱うために適したパソコンのスペックって何??という方向けに、オススメのPCスペックとデータを安全に運用するための方法についてまとめました。結構長めです。 写真編集に快適なパソコンを選びたい デジタル写真の完成度はカメラの撮影で5割、後の編集で5割くらいの比率で重要だと思っている私です。そんなに編集しないよという人でも大量の写真を管理するならパソコンは必要です。でも、現 ...

-シーン別に撮る, 写真のコツ, 雑記とか作品とか

この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / カメラマン・中の人
普段はカメラマンとして活動しながらstudio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

© 2020 studio9