チロルチョコを高級っぽく撮ってみた。

カテゴリー:アクセサリ使いこなし / シーン別に撮る / 写真のコツ

EOS 5D MarkII / SP AF90mm F2.8 / 90mm f9.0

バレンタインまで1ヶ月を切ってしまった今日この頃ですが、先日、去年着ていたポケットから去年のバレンタインに貰ったチロルチョコが出てきたので撮ってみました(笑)

コンセプトは

  • 安いものを使って、高く見せる。
  • お家でも出来る、簡単なセットで。

の二つ。

ということで、100円ショップに行って、使えそうな小物を物色してきました♪写真に写っているものはぜんぶ100円ショップで調達したものです。あれこれ悩みながら、店内を3周くらいして手に入れたのはこちら。

・黒のお盆

・オレンジ色のポプリ

・紫色のポプリ

・(写っていないけど)ろうそく

・(写っていないけど)トレーシングペーパー

以上。

材料費500円なり☆

ライティングも出来るだけシンプルに。

映りこみを出すためにツヤのあるお盆にブツを並べて、左側からトレペ越しに一灯。

手前からレフ(白画用紙で代用可)でシャドウを起こして、画面外、右側にろうそくを置いて、暖かな色味をプラス♪

以上。

おうちでできる簡単ライティングです。

さすがにストロボは100円では売ってませんが、クリップオンストロボでワイヤレス発光が出来ればOKでしょう。

今回は試してないですが、蛍光灯を上手く使っても代用できるかも。

20円のチョコですが、100円くらいに見えるようにはなったかな?(バーコードがちょっと安っぽく見えるけど、めんどくさくて消す気になれなかったww)

ブツ撮りはライティングの良い勉強になります☆

スポンサーリンク
© 2016 studio9. All rights reserved. [more info.]
この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / studio9管理人
studio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。中の人です。 「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー