浜松市の佐鳴湖で河津桜を撮ってきた

カテゴリー:シーン別に撮る / 写真のコツ

EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L  IS USM / 105mm f6.3

佐鳴湖で河津桜を撮ってきた

3日くらい前の天気予報では今日も雨マークが付いていましたが、雨マーク外れてるじゃん!ということで久しぶりにスナップに行ってきました。

1時間にも満たない時間でしたが、やっぱりスナップいいですね☆

このところの悶々としていた気分がちょっとだけ晴れた気がします♪

場所は近所にある佐鳴湖(さなるこ)

1周6kmほどの小さな湖で、浜松市民の憩いのスポットです。

今日は気温も高く、春の陽気☆なんと一足先に桜が咲いていました♪

春が始まるよ。

EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L  IS USM / 105mm f5.6

まだ1~2部咲きという感じではありますが、着実に春は近づいてきているようですね。さすがに木全体を撮ると物足りない感じなので、アップを中心に狙ってみました。

たくさん咲いている部分を見つけて切り取れば、それなりに咲いてる感が出るでしょ?w

春が始まるよ。

EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L  IS USM / 82mm f6.3

ちなみに桜の写真は背景がとっても大事

テッパンなのは青空

上の写真にあるように青空と組み合わせて、ちょっとオーバー露出気味に撮ると、透明感のあるキレイな写真が取れます。c-PLフィルタがあれば使いましょう。

今回はC-PLフィルタを使いつつ、現像過程でさらに青空を強調してます☆

また2つ上の写真のように真逆光の状態で背景を完全に白く飛ばしてしまっても、桜が際立ちますね♪

Av(絞り優先モード)なら+2~3EVくらい大幅に露出補正をかけないと、桜が真っ黒になってしまうので要注意です。もしくはスポット測光を使いましょう。

春が始まるよ。

EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L  IS USM / 32mm f6.3

桜と言えば恋を連想する人も多いかな?ということでこんな感じでカップルを絡めた写真も。画面に人が入るだけでグッと現実感が増しますね♪

帰りがけ、メジロくんにも遭遇しました!望遠持ってなかったので、思いっきりトリミングしてます。。小さくてとても動きが俊敏な小鳥ですが、警戒心はそれほどないので、撮るのはあまり難しくありません。

春が始まるよ。

EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L  IS USM / 105mm f4.5(トリミング)

近所にこれだけスナップが楽しめるフィールドがあるとは。

うれしい発見でした♪

スポンサーリンク
© 2016 studio9. All rights reserved. [more info.]
この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / studio9管理人
studio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。中の人です。 「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー