【2月発表】studio9の写真コンテスト !&3月の応募開始!

カテゴリー:写真コンテスト
studio9写真コンテスト2月のテーマは「紅」「贈」「空」。果たしてどの作品が最優秀に選ばれるでしょうか!今月も力作が目白押し。
2015年3月のテーマも発表致しますよ!

2015年2月の優秀作品

今月は38作品と先月に続きやや低調な感じとなりましたが、応募頂いた作品はどれも工夫をこらした作品です。

本エントリーではその中でも特にステキな作品を8点こちらでご紹介しますね。

*ホントは始めに10点選出したのですが、タイトルが無いなど募集要項を満たしていない作品があり泣く泣く対象外とさせて頂きました。。応募の際には応募要項をよくお読みいただくようお願い致します。

なお、応募いただいた全作品は下記リンクからご参照していただけます。ここで紹介しきれなかった写真もたくさんありますのでぜひこちらも参考にしてみてください。

テーマ:「紅」「贈」「空」
studio9の写真コンテスト 2015年2月投稿作品

アルバム提供:30days Album

次回 2015年3月のテーマは「春」「明」「躍」

2月のテーマは「春」「明」「踊」です。

ようやく冬を抜けて暖かくなってきましたね。3月はズバリなテーマの「春」や太陽の光を感じやすくなったり、ちょっと心躍るような時期かなと思います。

もちろん過去作品のご応募もOKです。応募方法などの詳細はこのページの最後でご案内します!

それでは2月の優秀作品を一挙にご紹介していきましょう!僭越ながら私からのコメントも簡単に付けさせていただいております。

*PCでご覧の方は作品をクリックすると大きなサイズで見ることが出来ます。

スポンサーリンク

最優秀作品

Campus / さめ さんの作品

テーマ:「空」

studio9の写真コンテスト(2015年2月)

Nikon D800E, Nikon AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

24mm, f/5.6, 131.0 Sec, ISO 100

RAW : Lightroom5.7

工夫したポイント

空は、太陽や雲、風が描く巨大なキャンパスだと思います。そこにカメラで介入することで切り取ることができる一期一会の写真にとても魅力を感じます。

○撮影
この日の早朝は、空と雲の比率が6:4くらいで面白い雲の動きが撮れそうだったので、長時間露光で朝焼けを撮ることにしました。

水面に雲の流れが映り込むようにシンメトリーの構図を決めてカメラを三脚に載せ、レンズに10段分減光できる ND フィルターを装着して撮影に臨みました。
露光時間は、スマホの露光時間計測アプリを使用しています。

○現像
朝焼けの印象を強めるためにホワイトバランスを暖色系に寄せて、明瞭度と彩度をプラス補正しました。
対岸の緑が暗かったので、シャドウと黒レベルを持ち上げてみました。最後に視線を山の方に誘導するために、段階フィルターを使って、手前から奥にかけて露光量が明るくなるようにしました。

長時間露光の写真は、シャッターが切れるまでどんな写真が撮れているかわからないのが楽しいと思います。
この写真から長時間露光に興味を持っていただければ幸いです♪

連絡先:Instagram(http://instagram.com/same2u_2k4)、same.fotografiaあっとgmail.com、Twitter(https://twitter.com/ShinyaSameshima

studio9より

NDフィルターを巧みに使ったスーパースローシャッターによる作品です。SSは131秒。まだ薄暗い朝焼けの時間帯とはいえ、NDフィルターを使わなければ画面が真っ白になってしまいます。ちなみに、今回使用されているNDフィルターは通常のND8やND16ではなく、ND1000(SSを1000倍に伸ばす)ですね(やや特殊なものですが、大きめの量販店でなら手に入ると思います)。

普段は動いていることにすら気づかない事が多い雲ですが、穏やかな日でも意外と雲は流れていて、広角で撮るとSSが30秒を超えた辺りから雲の流れを表現しやすくなります。さめさんも仰っていますが、自然というキャンパスの上で普通では見る事のできないシーンを切り取ることができるのもカメラのおもしろさだと思います。

広角を使ったため雲の流れが中心に吸い寄せられるような形となり、シンメトリー構図が効いています。現像もそれぞれに明確な目的意識を持って仕上げられていてとても完成度の高い作品だと感じました。

さめさんには副賞としてAmazon商品券1000円分をプレゼントいたします☆

特別賞

春を告げに参りました / Mk.V さんの作品

テーマ:「紅」

studio9の写真コンテスト(2015年2月)

Nikon D800 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

105mm, F3, SS1/1250, ISO200

RAW / Lightroom5,PhotoshopCC

工夫したポイント

今回は梅で応募しようと決めていました。

ところが事前にイメトレしていたイメージが、2月度投稿アルバムのお手本写真とガッツリ被ってる(笑)。

「あ〜、もっと捻らないとダメだなぁ…」と(汗)。

そして、出来上がったイメージは「薄暗く寒い冬が終わり、ようやく咲いた花一輪」。

最初は紅梅で行こうと思っていましたが、これも被っていたので却下(笑)。
薄紅色の可愛らしい梅に変更しました。

小さな一輪を強調したかったので、Lrの段階フィルター及び円形フィルターにて花周辺の露光量を調整。

花が小さく存在感が弱く感じた為、Photoshopにてガウス処理をしたレイヤーを重ねて、多重露出風に仕上げました。

「寒々しい冬が終わり、色づく春が輝き始める」

そんなイメージが伝われば嬉しいです。

連絡先:Twitter(@MkV_jp)

studio9より

毎回投稿する最初の一枚はお手本というわけでは無いのでテーマが被ってもまったく問題は無いのですが、こうして工夫を凝らして応募頂けるというのは本当に嬉しい事です。

普通は写真を撮る(or 現像をする)というときに、現場で「コレをキレイに撮ろう!」と思って撮影される方が多いと思いますが(これがダメというわけではありません)、さらに一歩踏み込んで”被写体へのストーリーやドラマ”を先に思い描いてから撮ってみるというのも良いと思います。

先に表現したい具体的なイメージが決まっていれば、現場でいろいろ考え、帰ってからはそれをさらに印象的にするための明確な方針のレタッチができます。簡単な事ではありませんが、これって小手先のテクニックではない写力を高めるために非常に有効な手段なのかなと思っています。

今回の最優秀作品と特別賞作品にはそんな表現したい明確な意思が感じられた作品で、作品はもちろん、コメントを「うんうん」と頷きながら読ませて頂きました。

さめさんにはAmazon商品券500円分をプレゼントいたします☆

スポンサーリンク

優秀作品 テーマ:「紅」

続きまして、優秀作品の発表です!(順不同)

桜咲くまで、あと少し / なかよし さんの作品

studio9の写真コンテスト(2015年2月)

PENTAX Q-S1 / 1/640 / f/4.5 / ISO 100

工夫したポイント

Q-S1のソリッドモノカラーというエフェクトを使いました。
桜の幹がすこし赤く色づいていたので、赤のみ残し、その他をモノクロにしました。
冷たい風が吹いていましたが、日差しに春を感じました。

studio9より

なかよしさんの作品は独特のスナップの視点があって、いつも面白いなぁと思って見させていただいています。

この作品も面白い視点で、色、影、部分(幹)といった断片化された要素を組み合わせて春を感じさせるような作品に仕上げています。この3つのどれか一つでも欠けていれば”桜”や”春”といったイメージは写真から連想するのは難しいのでは無いかと思います。

画面右上の明るい領域に人物を配置したのも良かったですね^^

優秀作品 テーマ:「贈」

Can you hear it ? / Mk.V さんの作品

studio9の写真コンテスト(2015年2月)

Nikon D800 / AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G / 28mm, F2.2, SS1/500, ISO800
RAW / Lightroom5,Pixir Express

工夫したポイント

誕生日に娘がプレゼントしてくれた蓄音機の小物です。

幾つになっても、誕生日を祝ってくれる人がいるというのは嬉しいものです。

そんなちょっとセンチな気持ちを表現したく、LrでWBと明瞭度を調整。
その後、Pixlr Expressでフィルターをかけてレトロ調に仕上げてみました。

娘の優しさが、少しでも表現出来たら嬉しいです。

連絡先:Twitter(@MkV_jp)

studio9より

ちょっと難しいかな?と思っていた「贈」というテーマですが、とてもほっこりする優しい世界観でステキです。

プレゼントの小さな蓄音機を主題として選んだとき、それを引き立たせる時に何を選ぶかというのも撮る人の腕の見せ所ですがダンボーを選んだのも良いなと思いました。私の個人的な思い込みですが、なんとなく、ダンボーって機械だけど優しい心を持っているものの象徴かなと思うんです。機械である蓄音機にも優しい心が宿っているそんな印象を受けました。

もちろん、この世界観を表現するための撮影技術あってこそではあります。

スポンサーリンク

優秀作品 テーマ:「空」

夕陽を追いかけて / Aki さんの作品

studio9の写真コンテスト(2015年2月)

Nikon D610 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

ISO200 F8.0 SS1/1000

RAW / Lightroom

工夫したポイント

海の近くの公園を散策していた際に、たまたま海の方をパラグライダーが飛んでいるのを見つけました。
しかしその時は90mmマクロレンズを使用していてズームができなかったため
急いで堤防まで走って登り、少し追いかけてパラグライダーを夕陽と一緒に収めました。
カメラで一番大事なのはフットワークだなと感じた一枚です。

studio9より

フットワーク大事ですよね。レンズに制約があるときこそイロイロ工夫する大チャンスです。

特にレンズの焦点距離に関しては自分が動けば何とかなる場面が意外と多いものです(フットワークではどうにもならない場面もありますが)。

構図的にも空を大きく入れ、太陽とパラグライダーのシルエットが対角で配置されていて安定感があります。ただ、ちょっと中央に寄りすぎているかも?と思う所もあるので、もう少しパラグライダーが進んだタイミング(or 左側に移動して)で縦構図で押さえてみても面白かったと思います。

星に包まれて / MUTSUO さんの作品

studio9の写真コンテスト(2015年2月)

EOS50D 11-22mm IS / ISO1600

工夫したポイント

星を撮影後にiPadアプリで遊んでしまいました。

空から星が落ちてきて包まれる。幻想的なイメージしようと思いました。

周りが真っ暗でフォーカスがなかなか合わずに苦労しました。加工はちょっとやり過ぎたかな。。。と思いましたが、魔法の国のような別世界にしたかったので満足です。

studio9より

上半分の星景写真として見ても完成度が高くステキな作品ですが、デジタルならではの幻想的な加工がしてあり、個人的にはこういうチャレンジはとても好きです。

右側にある白い木(白樺?)の存在感が良いアクセントになっています。

ちょっと前まではこのような加工をするためにはPhotoshopと高いレタッチ技術が必要でしたが、最近はタブレットでできてしまうというのがすごいですよね。

日本晴れ / whiteFD さんの作品

studio9の写真コンテスト(2015年2月)

Panasonic DMC-LX5 / 5.1mm / 1/500s / F4 / ISO80

工夫したポイント

「5年前のコンパクトデジタルとしては珍しかった、フイルム換算で24mmの広角を活用しました。

高速道路のSAで撮影しましたが、あえて照明の柱を入れて、それが反り気味に見えることで『空の広大さ』を表現できればと考えて撮りました」

連絡先:twitter @whiteFD

studio9より

確かにちょっと前のコンデジは良くても広角側が28mmからで、ルミックスは広角に力を入れてるんだなぁと思った事を思い出しました^^;

青空には写真を撮る人を惹き付ける魔力があるのか、私も晴れた日は何となく空を撮ったりしますが、スカッと晴れた空を主題にするならこのくらいシンプルに撮った方がしっくりくる事が多いように感じます。

柱の足下から見上げるように撮り、広角特有のパースペクティブが出た事で、空の広がりも感じますよね。柱の位置も空の広がり感を邪魔しないちょうど良い位置に配置されていると思います。なんだか元気の出る一枚です。

残波岬の光芒 / studio-karat さんの作品

studio9の写真コンテスト(2015年2月)

NIKON 1 S1 / 23.6mm f/6.3 1/3200秒 ISO100 / capture NX-D 1.0.3

工夫したポイント

空と海が絵の中心なので、面積の大半をそれに費やす。

構図的には太陽と船を対角に置き、光芒が分かるようにコントラストを強めに設定しました。あとは黄色い夕焼けの色彩をハッキリと出してみました。

studio9より

適度に雲が出ている夕焼けはこんな太陽と雲が織りなす光芒が出現し本当にキレイですよね。

光芒はその日の大気の状態や、微妙な露出の違いで見えたり、見えにくかったりとなかなか難しい場面ですが、上手く捕らえていると思います。美しいと感じたところを大きくフレーミングするのも良いですね。

船と太陽を対角に置くという考えは非常に良いのですが、この場合、ちょっと船が小さく端に寄っているのであまり目立ちません。。進行方向右側に見えるのでもう少し待って(雲とのバランスもあり簡単ではありませんが)船とのバランスを取ったり、さらに進むのを待ち、縦に望遠切り取れば船やオレンジ色の海面なども印象的になったかも知れません。または、思い切って船を切って美しい夕日と光芒だけに整理するという判断もあったかと思います。

まとめ1月のご案内

以上、38作品の中から8点を選出させていただきました。

こちらに載せられなかったステキな写真もまだまだありますので、もっと良く見たい!という方はオリジナルの投稿アルバムにもぜひ足を運んでみて下さい。

冒頭でも述べましたが、募集要項を満たさず残念ながら審査対象外となってしまった作品がいくつかありました。。また、studio9の写真コンテストでは「工夫した点」を大きく評価しております。もう少し詳しく書いて頂ければ上位入賞や入選していたかなという作品もたくさんありました。

専門的な事を詳しく書く必要は無く、撮影した人の目線でどんな場面でどのように考え、どうやって撮ったのかという事をちょっとだけ詳しく書いて頂けるととても嬉しく思います。

テーマ:「紅」「贈」「空」
studio9の写真コンテスト 2015年2月投稿作品

アルバム提供:30days Album

毎月ご応募頂いている方も、初めての方もご応募心よりお待ちしております!

**ご注意**

studio9の写真コンテストの必須項目は、「お名前(ハンドルネーム可)」「テーマ」「作品タイトル」「工夫した点」の4つです。どれか一つでも抜けているとせっかく良い作品でも審査対象外となってしまいますのでご注意下さい。

次回 2015年3月のテーマは「春」「明」「踊」

3月のテーマは「春」「明」「踊」です。

ようやく冬を抜けて暖かくなってきましたね。3月はズバリなテーマの「春」や太陽の光を感じやすくなったり、ちょっと心躍るような時期かなと思います。テーマはあくまで目安なので多少こじつけでもかすってさえいればOKです^^

もちろん過去作品のご応募もOKです。

**3/11追記 3月テーマについて**
下記リンク先のページで3月のテーマを誤って「春」「始」「踊」と記載しておりました。正しくはこちらに記載してある「春」「明」「踊」となります。
テーマ「始」は4月に募集する予定ですので、もう「始」で撮ってしまった方は恐れ入りますが4月にご応募いただけますと幸いです。
大変申し訳ございませんでした。

作品のご投稿や応募要項は下記リンクからどうぞ!

*今回から次々回(4月)のテーマ予告も始めました。撮影計画にお役立て下さい。詳細は下記リンクからご確認下さい。

– studio9の写真コンテスト 

締め切りは3/31までです。

30days Albumについて

投稿用アルバムの30days AlbumはGMOペパボ株式会社が運営する写真共有サービスです。

友達とパスワード付きのアルバムが簡単にシェアできたり、写真のストレージ機能が無料で使えるサービスです。私もワークショップ後に参加者のみなさんと写真を共有したりするのに使っております^^

個人ブログでも紹介しました
– フリーランスカメラマンの私が普段使っているWEBサービスとかいろいろ10選!


スポンサーリンク
© 2016 studio9. All rights reserved. [more info.]
この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / studio9管理人
studio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。中の人です。 「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー