PX-7Vレビュー。 -シャドウ部編-

カテゴリー:PC、プリント関連 / Review
PX-7Vが我が家にやってきて、2週間ほど経ったので実プリントレビューでもしてみようと思います!今回はシャドウの階調について。

PX-7V実プリントレビュー

PX-7Vが我が家にやってきて、2週間ほど経ったので実プリントレビューでもしてみようと思います!

ちなみにこの間、A4サイズのプリント換算でだいたい30枚強程度のプリントをしました。買うに至った経緯や初期設定については、前回の記事(PX-7Vをインストールしてみた)に詳しく書いているので、ご参照ください☆

前回も書きましたが、今までのプリンタは一般的な染料インクの複合機 EPSON カラリオ EP-702 ですので、比較対象もEP-702となります。写真に特化したプリンタとの比較ではないことにご注意ください。

さて、実プリントを見てみる前にEP-702を使っていたときの私の不満は大きく以下の3点でした。

  • シャドウの諧調性や色の濁りに我慢できない!
  • 肌やボケ部分の色の諧調性に我慢できない!
  • プリントしたあと、色が落ち着くまで30分とか1時間待つなんて我慢できない!

結果から言ってしまうと、上記3点の不満についてはすべて解消されました♪すばらしいです!ではでは3点に着目して詳しくレビューしてみましょう。

 レビューするにあたっての設定は以下の通りです。

  • Adobe Photoshop Lightroom 3.5を用いてプリント。
  • PX-7Vはブルーインクを使用。
  • プリント用紙はエプソン 写真用紙(光沢) 2L版
  • カラーマネジメントはLightroom側で管理し、ICCプロファイルはEPSONより提供されているICCプロファイルを使用。
    PX-7VについてはPX-7V Photo Paper(G) Blue、EP-702は EP-702 Photo Paper(G)を用い、マッチング方法は「知覚的」
    プリンタ側の色補正は「色補正なし」です。
    *後述のポジフィルム調プリントのみ、プリンタ側で色管理しています。
  • プリント後、いずれのプリンタを使った写真も3日以上経って色が落ち着いている状態にて評価しています。
  • スキャナはEP-702についているスキャナにて、24bitカラー、400dpiにてスキャン。各種補正項目はすべてOFFにしています。
  • 主観観察については、色評価用5000K蛍光灯の元で評価。
    モニタはキャリブレーターを使った調整はしていませんが、手動でそれっぽく調整してます。。(汗

 シャドウの諧調性、色の濁り

先日の京都スナップ&サイクリングで紹介した清水寺の写真をつかって比較してみましょう。

角フェチマニアには堪らないこの写真(笑)、お気に入りだったのでEP-702にてプリントしたのですが、屋根の朱色の影部分の諧調が潰れてしまって色もくすんだ感じで出力さる結果。。プリントしてショボーンとしました。

それが、PX-7Vにてプリントすると見事に解消。

以下にスキャン画像を並べて見ます。

 

 

PX-7Vレビュー -実プリント編-

安物プリンタのスキャナなので、果たして正しい色を読み取れているかどうか、怪しいところですが(汗)、EP-702では潰れてしまっていた、影の濃い部分に滑らかな諧調が生まれ、不自然な感じがなくなった感じがしませんか?

拡大してみます。

 

PX-7Vレビュー -実プリント編-

また、EP-702では影の部分は色がくすんでしまい、キレイな朱色が表現できていませんでした。EP-702でのプリント全般に言えることですが、暗い部分には緑が乗ってしまう傾向があり、今回も朱色に緑が乗ってくすんだ感じで、色情報がだいぶ失われているような印象。PX-7vではシャドウ部のくすんだ感じの色がなくなり、キレイな朱色が出ました☆レッド、オレンジインクを積んでいるおかげかな?

シャドウ部に透き通るような透明感が生まれました。

空の青については、プルーインクを積んでいるおかげか、こちらもくすみ無くクリアに出ます。ただ、実プリントを見比べると、上記の写真(スキャン後のモニタで見る色)ほど空の色に違いが見られません

スキャナに通してみてびっくりでした。2枚の写真を並べて、同時にスキャナかけているので設定の差ではないはず。

EP-702もPX-7Vも人間の目には同じように見えるような「青」を数種類のインクを配合して出しているのですが、機械の目(スキャナ)に通せば少ないインクで出しているEP-702の「青」はじつはくすんだ「ニセモノの青」ですよ。って事でしょうか。

一方、PX-7Vはブルーインクを搭載しているので、スキャナに通してもちゃんと「ホンモノの青」として認識されているのかも?だれか詳しい方教えてください!

いずれにせよ、この写真についてはPX-7Vの圧勝ですね☆

 

また長くなりそうなので、続きは次回で☆

次は色の諧調性に着目して比較してみようと思います!

 

*****PX-7V関連エントリー*****

スポンサーリンク
© 2016 studio9. All rights reserved. [more info.]
この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / studio9管理人
studio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。中の人です。 「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー