Photoshop CS6スクラッチファイル問題から抜け出す方法![creative cloud]

カテゴリー:PC、プリント関連 / Review
先日、PhotoshopCS6をインストールしたところ、”スクラッチファイルを開くことができません”エラーに遭遇し、とりあえずの解決策を載せておきましたが、解決法がもうひとつ見つかったのでご紹介!

TEMPファイルの保存先がポイントか?

先日のエントリーでとりあえずの解決策として、”Ctrl+Alt+Shift作戦”を紹介しましたが、使っていると新たな問題に直面しました。。

仮想記憶ディスクを変更して無事解決!と思いきや、Illustratorからベクターオブジェクトのコピペができないんです。。イラレからスマートオブジェクトとしてペーストすると”スクラッチファイルを開くことができません”とのたまいます。。

これはいよいよ困ったぞ。。ということで本腰いれてGoogle先生に問い合わせたところ、私とほぼ同じ環境で同じエラーに遭遇され、華麗に解決していた方がいらっしゃったのでシェアしておきます。

特定のアカウントでAdobeなどのアプリケーションが動作しない場合の解決方法

私は起動ディスクにSSDを使っていて、容量節約とドライブ保護のためTEMPファイルは他のドライブに保存していたのですが、どうやらそれが原因だったらしい。。

そこで、TEMPファイルの保存先を変更します。詳しくは上記リンク先へ。

左下のスタート > コンピュータを右クリック > プロパティ > システムの詳細設定 > 環境変数

と進んで、ユーザーの環境変数TEMPTMPの値(私の場合はF:\ユーザー名\TEMP ←そういや以前自分でこれに変更してた。。)を

「 %USERPROFILE%\AppData\Local\Temp 」

に変更したらOKです。

すべて問題が解決しました!

 

が、良く考えてみたら容量削減のために別ドライブに変更したのに、元に戻したらダメじゃね??ってことに気づきまして。。w

結局元に戻しました。。

SSDの容量に余裕がある方は上記方法できっと治るはずです!

(追記)

上記問題に関して読者の方から、解決法のコメントをいただきました!

一度、管理者権限で起動させ、環境設定=>パフォーマンス を ドライブ F: にしてもう一度 反映させるために管理者で起動。
あとは 普通にたちあがります。
TEMP と ”同じ” ドライブにすると動いた。

とのこと。
TEMPファイルを元のドライブに移動しなおすのではなく、PSのパフォーマンスをTEMPのおいてあるドライブに戻すとOKとのことです!

お困りの方は一度お試しください。情報提供ありがとうございました!

私の場合はフォルダのアクセス権をいじったり、Photoshop再インストールなども試しましたが、結局ダメ。。

今はCS5使ってます。。X(

SSDもだいぶ安くなってきたし、もうちょっと大容量のSSDに変更しつつ、OSごとクリアインストールしようかなーと思う今日この頃です。。

でも、SSD使っている人ってたいていTEMPファイルは別ドライブに保存しているだろうから、この症状、かなり多くの人がハマってるんじゃなかろうか??

なんとかしてください、Adobeさん!

スポンサーリンク
© 2016 studio9. All rights reserved. [more info.]
この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / studio9管理人
studio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。中の人です。 「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー