名古屋港、final。

カテゴリー:雑記とか作品とか

刻一刻と2011年も終わりが近づいています。

今年一番大きな気付きは、

”人は基本的に自由である”

ということ。

学校を卒業して、社会に出て、数年間働いて見たけど、だんだんと不自由になっていく自分がいました。

そして、なんとなくそれを受け入れてしまいそうな自分がいました。

社会に出ることはそういうことなんだと。

でもね、よく考えて見たらブレーキを掛けているのは自分。別に誰かに強要されているわけじゃない。

なにか、自由になるというと、不自由を自由にするという構図で考えてしまいがちだけど、ホントは自由なのに不自由なところに収まってしまっていたんだなと。

たからそれに気づけたこの一年、ホントにいろんなことにチャレンジすることができました。

写真もそう。そしてこのblogも。

もちろんこれまでも写真は好きだったのだけど、今年はジャンルにとらわれず、なんでも撮ってみたし、真剣に向き合って見た

ほぼ毎日写真と向き合ってこれた。

ただ撮るだけでなくて、写真が持つチカラを外に発信してみるとどうなるか実験してみたくて、blogも始めてみた

8月から初めて、はじめは一日数人しか訪れてくれなかったけど、今ではもっとたくさんの人にこのblogを見ていただけています

みなさま、本当にどうもありがとうございます☆

今回の写真は、そんなチャレンジを続けた結果の写真と言えるかな。

名古屋港、final。

 

以前記事にした名古屋港関連のエントリーその1その2)、あれはロケハンの時に何枚か撮った写真でしたが、これが本番バージョン

確かに言えることは、去年の自分だったら確実にこの写真は撮れていなかったといこと。

まず、モデルを使って作品撮りすることなんて考えられなかった。

スタイリングを担当してくれたスタイリストの卵さんたちとのつながりも無かった。

どちらもストロボを使っているのだけど、屋外でストロボライティングして撮れる技術なんて無かった。

今年一年、チャレンジし続けたから撮れた写真

もっとも、まだこうすれば良かったよな~みたいな反省点はいっぱいあるけれど。。

来年はもっといろんなことにチャレンジしていこうと思います。

そしてチャレンジの結果はこのblogでご報告できたらなと。

来年の個人的なテーマは

「自由であることは、豊かであること」

これを胸にまた一年頑張ろうと思います!

今年、このblogに辿りついていただいた皆様、本当にありがとうございました☆

また来年も studio9 をよろしくお願いいたします

スポンサーリンク

カテゴリー :雑記とか作品とか

タグ : / / /

© 2016 studio9. All rights reserved. [more info.]
この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / studio9管理人
studio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。中の人です。 「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー