一歩近づいても新しい写真が撮れる。[構図]

カテゴリー:カメラ使いこなし / シーン別に撮る / 写真のコツ
前回は目線を下げるといつもとは違った景色が見えてきますよ!というお話でしたが、今回は被写体にちょっとだけ近づいただけで、違った景色が見えてきます!というお話です。
一歩踏み込めば新しい世界が見えるのです。

今日も構図のお話です。一眼レフ、ミラーレスに限らず、コンデジでも携帯のカメラでも応用が可能です!

たった50センチで写真が変わる!?

カメラを買った時、一番最初に手にするレンズって大抵はキットで付いてるズームレンズですよね?最近だと18-270mmとかいうびっくりするような倍率のレンズも出ていて、写真を楽しむ多くの人が便利なズームレンズを使っていると思います。

私も便利なズームレンズが大好きなので、ズームのできない単焦点レンズはほとんど使いません。。というか単焦点レンズをほとんど持っていません。だってズームできたほうが便利なんだもん。。(笑)

でもズームレンズを使ってると、ついつい自分が動くのを忘れてしまいます。手元のリングを動かすと被写体が大きく写せるから。私もついついやってしまうのですが、ちょっと損をしてるかも。ズームはそのままに、自分が一歩近づくだけで、写真の印象がガラッと変わったりするのです。

早速写真を見てみましょう!

EOS7D / EF-S 15-85mm F3.5-5.6  IS USM / 15mm f4.5

例えばこの写真。真っ白な紫陽花が緑の中に映えてキレイでした。まずはキホンに忠実に三分割法を意識て撮ってみました。右下の白い紫陽花をポイントに、だいたい右1/3、下1/3くらいに置いてパチリ。

焦点距離は15mm(35mm換算24mm)の広角側です。

んー、まぁコレはコレで悪くないですが、なんかもうちょっと写真にパンチがあってもいいかな?と思いました。

そこで紫陽花に一歩近づくわけです。ズームはそのままに、たった50センチくらい近づくだけ。

そしたらこんな感じになりました!

一歩近づいても新しい世界が見える。紫陽花

EOS7D / EF-S 15-85mm F3.5-5.6  IS USM / 15mm f4.5

右下の紫陽花が画面からはみ出すくらいまで寄ってみました。

どうでしょう?さっきよりパンチの効いた写真になりました!

このくらい近づくともう、右下の紫陽花にはピントが合わなくなるので、真ん中の紫陽花にピントを合わせています。右下の紫陽花がボケたおかげで遠近感も出ましたね。被写体にグッと近づくとボケるの法則です!

特にレンズの広角側(広く写る方)で写真を撮ると、写真の外周部はゆがみの影響でで迫力が出やすいです。この効果は焦点距離を大きくする(ズームをする)にしたがって薄れていくので、上の写真からズームしただけではここまで迫力が出なかったはず。

次の写真はこちら。

一歩近づいても新しい世界が見える。花壇

EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L  IS USM / 24mm f5.6

花壇です。

よくあるフツーの写真です。一応、アクセントのウサギの置物は左1/3、上1/3くらいの位置においてます。

でもこの場面でキレイだなーと思ったのは、手前の黄色とオレンジの花だったので、もうちょっと大きく写したいです。そこで、花壇に一歩近づくわけです。

こんな感じ。

一歩近づいても新しい世界が見える。花壇

EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L  IS USM / 28mm f5.6

ただ近づくだけでなく、前回の目線を下げてみるとのあわせ技です。

ちょっとだけ(24→28mm)ズームしましたが、目線を下げつつ、手前の花に近づくことで、花も大きく写りグッと迫力が出ましたね!

ポイントは手前の花だったので、花の面積がだいたい下1/3に入るようにしました。ちょっとウサギが中途半端にボケてる気もしますが(汗 さっきよりはずっと良くなりました。

さらに、もっと近づいて、画面を縦にしてみましょう!

一歩近づいても新しい世界が見える。花壇

EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L  IS USM / 28mm f5.6

紫陽花の時と同じくらい、一番手前の花にピントが合わなくなるくらいまで近づきました。さらに迫力がでましたね!

これまでにご紹介した、被写体にグッと近づくとボケるの法則と、三分割法と、画面を縦にするとなんとなくオシャレに見えるの法則と、目線を下げると印象的になるの法則と、今回の、被写体に近づくと迫力が増すの法則を全部入れてみました。

全部入れたからいい写真になるってことではないのですが、今回の場合は比較的上手くいきましたね。

上の二つの例(紫陽花と花壇)のように特に広角側で写真を撮っている時、もうちょっと大きく写したいなーと思ったら、ズームするのではなく、一歩近づいてみるといいことがあるかもしれません。

日常世界と同じように、相手の懐に一歩踏み込めば、新しい世界が見えてくるのです!

 

スポンサーリンク
© 2016 studio9. All rights reserved. [more info.]
この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / studio9管理人
studio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。中の人です。 「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー