【光条撮影】太陽をダイヤモンドのように輝かせて撮影する、設定のコツ

カテゴリー:カメラ使いこなし / シーン別に撮る / 写真のコツ
画面内に太陽が入ってしまう真逆光というのは写真のセオリーからすると避けるべきと言われることがありますが、そんなことはありません。
太陽の輝きを味方に付ければあなたの写真はとっても魅力的になるはずです。
今回は太陽を入れた構図を作る場合の設定のコツをご紹介します!

太陽を画面内に入れてはいけない??

画面内に太陽を入れる構図はコントラストが低下したり、フレア、ゴーストが出るから避けたほうがいい と言われることがありますが、そんなことはありません。

確かに解像度が落ちるデメリットはありますが、それを補って余りあるほど、太陽を画面内に入れるメリットもあります。

そこで今回は太陽を入れた構図を作る場合の設定のコツをご紹介します!

本日のコンテンツ

”キラッと感”を出すにはどうすれば?

太陽を輝かせる設定のポイント

スポンサーリンク

”キラッと感”を出すにはどうすれば?

まずはこちらの2枚の写真をご覧ください。お台場のガンダムです☆逆光でシルエット気味に撮影し、アクセントに太陽を入れてみました。

ほとんど同じ画角で撮影したものですが、どちらが印象的でしょう?

お台場ガンダムF5.0 お台場ガンダムF22

2枚目の写真のほうが太陽がキラッとしていて印象的な気がしませんか?

カメラの”ある設定”を変えるだけで、太陽がまるでダイヤモンドのように輝いて見えるのです!

めいっぱい絞ってみる

”ある設定”とは「絞り」のこと。

一枚目の写真は絞り値がF5.0、二枚目の写真は絞り値がF22。実はたったこれだけの違いなのです。

太陽のような点光源は絞れば絞るほど光の筋がスゥーっと伸びてくれるのですね。

では実際の撮影のコツを手順を追ってみてみましょう。

 

【コラム】光芒の数とレンズの関係

光源から伸びる光の筋のことを専門用語では光条光芒(こうぼう)と呼びますが、この光条の数はレンズの絞り羽根の数によって決まります。
レンズは絞り羽根と呼ばれる部品を開閉させることでセンサーに届く光の量を調整しています(この機構が”絞り”です)が、この羽根の枚数が偶数枚であれば絞りと同じ本数奇数枚であれば絞りの倍の数の光芒が出ます。
上の写真だと光芒は8本出ているので、このレンズの絞り羽根の枚数は8枚ということになりますね。もし7枚絞りのレンズを使っていれば光芒は7×2=14本出るはずです。光芒に拘るなら絞り羽根の数に着目してみましょう。カタログやメーカーHPの仕様欄に必ず記載されています。

各メーカーのレンズの絞り羽根枚数をまとめました!

メーカー別絞り羽根の枚数
studio9関連コンテンツ
2015.09.10
13.03.09
918シェア
先日のエントリーで、レンズの絞り羽根の枚数と光芒の数には深い関係がありますよ と少し書きました。巷でよく目にする光芒は奇別のタブで開く

太陽を輝かせる設定のポイント

では具体的な設定のポイントと注意事項を挙げてみましょう。

1.撮影モードはAv(A)モード

絞りを調節するので撮影モードは絞り優先オート(Av, A)にセット。

あとはダイヤルを回してF値が一番大きくなるように設定します。レンズによって値は異なりますが、F22くらいまで大きく出来るはずです。

設定はたったこれだけ!カンタンですね♪

2.マイナス補正がおススメ

太陽はものすごく明るいので、中心部はほぼ確実に白飛びします。通常の設定だと光条(光芒)部分まで白とびする可能性もあるので、マイナス補正して光芒部分の白とびを押さえてあげたほうが”キラっと感”が出ます。

マイナス2~3くらい思い切って補正してあげると良いです。

瑞牆山

こんな感じで大幅にマイナス補正してあげるとシルエットになってカッコいいです。ちなみに、これは光芒が18本出ているので9枚絞りレンズです。

3.快晴時の太陽を狙え!

光芒を出すには光源が点(面積が小さい)に近ければ近いほど良いです。一見晴れていても、ちょっと太陽が雲にかかっていたり、霞がかっている日はモヤっと光が拡散してしまうため綺麗な光芒は出ません。。

澄み渡る青空の日に挑戦するのがおススメです。

また、面積が小さければ小さい方がいいので、この写真のように物陰からちょっとだけ顔を出した太陽を撮ると光芒が出やすくなります!

スカイツリーと太陽

鳥居の隙間から。条件が良いとこのくらい強烈な光芒が出ます。合成じゃないです(笑)

伏見稲荷 光芒

4.レンズはキレイに

絞って撮影するとレンズの汚れが目立つようになります。しかも太陽を入れるとレンズの汚れに光が反射してより一層目立ちます。

例えば上のカーブミラーとスカイツリーの写真の光芒に明るい斑点のようなものが見えますが、これはレンズについていたチリです(汗
撮影前はキチンとレンズの清掃をしておきましょう。

5.長時間太陽を見ない

一眼レフなど光学ファインダーがついているカメラで撮影する場合、目にダメージを与える可能性があります。太陽を長時間直視しないようにしましょう。

まとめ

ということで太陽がギラリと光って見える撮り方をまとめてみました。光条の出やすさはレンズ次第なところもありますが、思い切り絞ればとりあえずOKです。

太陽に限らず、夜景の点光源でも同じようにギラリとします。

個人的に光条が出やすく形も好みなのはキヤノンの EF 16-35mm F2.8LII。F8あたりからキレイな光条が出てくるので太陽撮るのが楽しくなります。

光条の写真

光条の写真

どっちもEF 16-35mm F2.8LII のF13です。

みんなが苦手な逆光もこれで楽しく撮れるようになりそうですね!

広角レンズの使い方はこちらでどうぞ!

広角レンズ使いこなし
studio9関連コンテンツ
2016.01.03
15.02.23
671シェア
種々ある交換レンズの中で最も使いこなしが難しい、苦手と思われているレンズの一つは恐らく超広角レンズでしょう。通常より広い別のタブで開く
スポンサーリンク
© 2016 studio9. All rights reserved. [more info.]
この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / studio9管理人
studio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。中の人です。 「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー