月夜の御在所に登ってきた。-その2-

カテゴリー:シーン別に撮る / 写真のコツ / 雑記とか作品とか

 EOS7D / EF 70-200mm F4L  IS USM / 200mm f8

では前回の続きを。

山頂に着いたのは日が変わってAM1:00ころ。山頂には一人だけと思っていましたが、意外にももう一人先客がいました。といってもテントでご就寝中だったので、おそらく御在所登山客というよりは、鈴鹿山脈を縦走しているガチンコ登山客だったのでしょう。

前回もちょっとだけ紹介しましたが、御在所の山頂はとっても広いのです。

四日市や名古屋方面から見ると、とっても尖った山に見えますが、見かけによらず、奥の方になだらかな地形が続いています。ロープウェーの駅があって、スキー場(三重県で唯一?)やちょっとしたハイキングコースなんかもあります。

ちょっと登山は。。という方でもお弁当持ってお手軽にロープウェーで山頂まで上がれば、下界よりも5~6℃涼しい環境でお手軽ハイキングができますよ♪

上の写真は山頂の中でも一番奥の方にある御嶽大権現。以前からこれをシルエットで撮ったら絵になりそうだなーと狙っていました。月の光が屋根に反射してなかなかいい感じの雰囲気が出ました♪

ホントはバックを星空にしたかったのですがね。。

月夜の御在所に登ってきた。(ロープウェー駅)

EOS7D / EF-S 15-85mm F3.5-5.6  IS USM / 29mm f5.6

誰もいない山頂をフラフラしていると、ようやく月が西の方に傾き出したので、東の方の空は星が見やすくなってきました。

ロープウェー山頂駅の後ろにはようやくまともな星空が見えてきました。見えてきたといっても、普段街からでも見えるような明るい星だけですが。。

月夜の御在所に登ってきた。(気象レーダー)

EOS7D / EF-S 15-85mm F3.5-5.6  IS USM / 20mm f4

いい加減、歩くのも疲れてきたので仮眠することに。

山頂駅の近くの展望台にマットを敷いたら、天然プラネタリウム付きホテル御在所の完成です(笑)お腹もすいていたので、お湯を沸かして、ラップラーメンを食べて就寝。

寝ている間がもったいなかったので、寝ている間、上のアングルでずっとインターバル撮影をしてました。撮った写真をまとめて微速度撮影映像にしてみようと思ってます♪

*動画にしました!⇒ 一枚で伝えきれないなら、連続性を持たせる。

レインジャケットを着ていてもさすがに山の朝は寒く、1時間ほどで目覚めました。すでに辺りは明るくなっていたので、朝の撮影ポイントを物色しに山頂を歩くと、眼下に雲海が広がっているではないですか!

朝日と雲海をセットで撮りたかったので慌てて三脚を移動させたのでした。

長くなってしまったので、朝の部はまた次回。

そういえば、流星はどうなったかって?

はい、見えませんでした。。(笑)

スポンサーリンク
© 2016 studio9. All rights reserved. [more info.]
この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / studio9管理人
studio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。中の人です。 「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー