葉っぱや森の新緑を、もっと深く、鮮やかな緑で撮るための3つのポイント!

カテゴリー:カメラ使いこなし / シーン別に撮る / 写真のコツ
春もそろそろ終わり、木々の緑も新緑からより濃い緑へと変わりつつありますね。そこで、今回は葉っぱや森の木々をより深く、より鮮やかな緑で撮る方法をご紹介します!普通に撮ると色がくすんでしまう緑ですが、ちゃんと設定をすればすぐに生き生きとした鮮やかさが生まれます☆

より深く、より鮮やかに緑を撮る!

春もそろそろ終わり。木々の緑も春の幼い緑から、濃い力強い緑へと変わりつつありますね。

でも、葉っぱの緑って普通に撮るだけだとなかなかキレイな緑色にならないことが多くないですか?撮ったはいいけど、なんだか色がくすんで見える。。みたいな。

カメラのオート設定ではなかなか上手な色が出ないんです。。

そこで今回は自分で色をコントロールして、深く鮮やかな緑を出す方法をご紹介します!

スポンサーリンク

設定のポイントは3つ

キレイな緑を出すためのポイントは3つです。すべてこれまでstudio9でご紹介した方法です。

  • ホワイトバランス
  • WB補正(ホワイトバランス補正)
  • ピクチャースタイル (ピクチャーコントロール、仕上がり設定 etc.)

これら3つの設定をちょちょっと設定してあげるだけで写真の印象がググっと変わります^^

例えば、普通に撮ったらこんな感じですが。。

普通の設定

上記の設定をして撮ると、ここまで変わります!

設定後

全然印象が変わりましたよね!

深く、鮮やかな緑が再現できました^^ では詳しい設定方法を順を追って見て行きましょう。どれもカンタンです☆

1.緑には寒色系のホワイトバランス

これが一番変化が大きいはず!

木々の緑を印象的に出すには、ホワイトバランスを寒色系の設定にするのがおススメ。今回はホワイトバランスを「(白色)蛍光灯」にしてみました。

ホワイトバランスを『(白色)蛍光灯』に変えた結果がこちら!
(RAWファイルからシミュレーションしています)

蛍光灯に変更

だいぶ印象が変わりました!これだけでも十分と感じる方もいるかも。

*ホワイトバランスの詳細はこちらの記事をご参照ください。

ホワイトバランスの超基本
studio9関連コンテンツ
2013.04.24
13.04.15
216シェア
雑誌なんかで写真を見ると、この写真いいなぁ~と思うことがありますよね。いい写真には被写体や構図など様々ないいポイントがあ別のタブで開く
スポンサーリンク

2.WB補正でグリーン増し増し

ホワイトバランスを寒色系にしただけでもだいぶ印象が変わりましたが、できればもう少し鮮やかな緑にしたいです。そんなときはWB補正でグリーン(G)を多めに設定します。また、蛍光灯はもともと少しマゼンタ(ピンク系の色)が強く出る設定なので、補色であるグリーンを他よりもさらに強めにしてあげるとGOOD。

設定する値は機種によってマチマチですが、中間~最大の間で調整してあげるといいと思います。始めに大きく設定し、あとで微調整するのがいいです。

『蛍光灯+グリーン増し』した結果がこちら!

グリーン増し

緑が強調されて深みと鮮やかさが出ました!

*WB補正の詳細はこちらの記事をご参照ください☆

WB補正を使いこなす
studio9関連コンテンツ
2016.01.19
13.04.24
157シェア
上手な人の写真って、被写体や構図の良さだけでなく、”色”にもその人の個性が出ていますよね。実はこの”色”、あなたの持って別のタブで開く

3.”風景モード”で写真にメリハリを!

仕上げはピクチャースタイル(キヤノンの場合)の設定で写真にメリハリを付けてみましょう。

メーカーによってはピクチャーコントロール(ニコン)、仕上がり(オリンパス)、クリエイティブスタイル(ソニー)、フォトスタイル(パナソニック)、カスタムイメージ(ペンタックス)など呼び名は様々です。。

おススメは「風景」。風景が無ければ「ビビッド」なんかでもいいでしょう。こうすることで、色が少し鮮やかになり、コントラストが上がるので写真にメリハリが付きます。

今までの設定を全部あわせた、『蛍光灯+グリーン増し+風景モード』にした写真はこちら。(最初にお見せした写真と同じ)

全て設定後

『蛍光灯+グリーン増し』よりも緑が少し鮮やかになり、黒に締りが出たので写真にメリハリが出来ました。

今までの1.、2.に比べると違いは小さく見えるかもしれませんが、並べて見ると結構違いがあります。どうせならこのくらいまでディティールに拘りたいものです。

*WB補正の詳細はこちらの記事をご参照ください☆

ゆるふわセッティング
studio9関連コンテンツ
2014.06.02
12.08.22
20シェア
写真を”もっとかわいく” とか ”もっとドラマチックに”撮りたいなーと思ってもなかなか思うように撮れないんだけど。。とい別のタブで開く

いかがでしょう。カメラでこの3つの設定を行うだけでずいぶんと印象が違った写真ができましたね。

もちろん、上記3つをすべて適用する必要はありません。違いが分かりやすいものから順番に紹介しましたが、『WB補正+ピクチャースタイル』や『ホワイトバランス+ピクチャースタイル』といった組み合わせでもOKです。

作例

上記と同じように『寒色系ホワイトバランス+グリーン増し+風景モード』で撮った写真をいくつか載せておきますね。

緑を深く、鮮やかに(作例)

緑を深く、鮮やかに(作例)

緑を深く、鮮やかに(作例)

緑を深く、鮮やかに(作例)

すべて緑を濃くすれば良いってもんじゃないですが、深く、鮮やかな緑は見ていて気持ちいいです☆

ぜひお試しあれ!

スポンサーリンク
© 2016 studio9. All rights reserved. [more info.]
この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / studio9管理人
studio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。中の人です。 「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー