B&Hでモノブロックを買ってみた。-その1- [自宅スタジオ化計画]

カテゴリー:Review / アクセサリ
早いもので2月もそろそろ終わり。今月から始まった新生活も1ヶ月が経とうとしています。これまでとはまったく違う環境で、初めてのことづくしの1ヶ月。あっという間なのかな?と思いきや、とっても長かった。。と言うのが正直な感想でしょうか。さて、そんな新生活ですが、引越しをするにあたってやりたかったことが一つ☆自宅にミニスタジオを作りたい♪前に住んでいた家はワンルームだったので、家の中でブツ撮りするときはとっても大変だったのですが、せっかく引っ越すなら写真専用の部屋を作っちゃおうと言うわけです♪

 自宅にスタジオを作りたい!

ということで、まずは機材を揃えます!

ストロボを買ってみる

スタジオと言えばやっぱりストロボ。クリップオンでも結構いろんなライティングが出来ますが、スタジオ作るなら本格的なものを揃えたい年頃ですwジェネタイプのストロボはちょっと使い勝手が悪そうなので、モノブロックタイプにすることに。はじめは中国製の怪しいモノブロックでもいいかな~と思っていたのですが、耐久性や拡張性、安全性も心配。。かといって、有名なストロボメーカーのモノブロックはお高いし。。

といろいろ探していたところ見つけました!スイスのストロボメーカー、elinchrom(エリンクローム)の D-Lite-it 4 To Go Set 400Wのモノブロック2灯のストロボセットです。

セット内容はこんな感じ。

  • ストロボ本体 400W × 2
  • スタンド × 2
  • ソフトボックス(65*65cm) × 2
  • リフレクター × 1 (2個ではない!)
  • シンクロコード × 1
  • 無線トリガー × 1
  • ストロボ持ち運びバッグ × 1

日本ではテイクが代理店となって販売しており、価格はなんと95,000円!

400Wのストロボだと、怪しいメーカーのやつで1灯 4~5万、ちゃんとしたストロボメーカーのものだと7~15万はしちゃうのでこれは破格!日本だとelinchrom(エリンクローム)の名前はあまり聞きませんが、海外では良く使われている、きちんとしたストロボメーカーなのです。当然、プロスタジオ用の機材も販売しているのでアクセサリ類も豊富です♪

これはもう買うしかありません。

 どこから買えるの??

elinchromという聞き慣れないメーカーのストロボですが、一番お安く買えるのはどこなんでしょう?日本では上記テイクが代理店となって独占販売しているっぽい(一部個人輸入しているような所もありますが。。)ので、海外で買えばもっと安いんじゃね?と思い、B&Hで調べてみたところ、ありました!

B&Hだと、上記セットが$807.49!

$1 = 80円として、約64,600円!送料含めても日本で買うよりお得♪

あまりに安かったので、ノリでこれの200Wも単体で一つ追加(笑)$274.99 = 約20,000円。この値段って、最近ネットで売ってるすごい怪しい中国製のモノブロックの値段とほぼ一緒。あちらは、チューブ切れを起こしたら交換できないし、無線機能も付いてないし、拡張性もほとんど無い。こちらは、チューブもモデリングも交換できるし、無線機能も有り。さまざまなアクセサリも用意されてます。

さらにグリッドリフレクター($39.95)と、グリッドセット(10/20/30/40°) ($88.99←これはサードパーティー製)もお買い物かごへ。。あわせて$130 = 約10,400円なり。

これも日本で買えばリフレクターだけで9,450円(笑)どんだけボッたくってるんだよと言う感じですねwグリッドのセットも日本だと2~3万は軽くしちゃいます。

替えの発光チューブも買いました☆もちろん純正品で$58.50 = 約4,680円。日本で買うと10,500円っす。。

しめて5点、$1269.92 = 約101,600円。

気になる送料はUPSを選択して$230.48 = 約18,400円。

送料合わせて、ちょうど$1,500 = 120,000円なり!

日本で上記セットを買えばざっと20万相当くらい。レンズを海外で買う以上に、スタジオ機材は海外通販がお勧めです♪B&Hなら日本向けの発送もかなりスムーズですし、日本でも利用している人が多いからワリと安心♪B&Hはカメラ、ビデオ専門店だけあって、ホームページを見ているだけでも楽しいです。

。。と長くなってきたので続きはまた次回にしましょう。

ポチってから3日ほどで届きましたよ♪

 

—関連リンク—

☆自宅スタジオ化計画☆

スポンサーリンク
© 2016 studio9. All rights reserved. [more info.]
この記事を書いた人
中原 一雄
中原 一雄 / studio9管理人
studio9(すたじお・きゅう)の管理、運営をしています。中の人です。 「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファー。 中原 一雄のプロフィールページ

サイト内検索

YouTubeチャンネル

Twitterフォロー